京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

個人山行 二ノ瀬ユリ

 

f:id:hirasankun:20150329224736j:plain

【参加者】 CL山本夏雄 堤潤

コースタイム】 貴船口8:35~大岩岐れ9:40~滝谷峠12:00~奥貴船橋13:15~鞍馬山15:00~貴船口15:55、距離13.9km

【記録】山本夏雄

朝に降った雪で集合場所をメールで交換して出町柳で無事合流して貴船口に急ぐ。貴船に近くなるほど雪が深くなる。早々に山支度して急登の仕事道でダイレクトに有名なユリ道に出る。

 

 丁度雪道は良い深さで快適に登る。大岩岐れで小休止して先を急ぐ。憶えのある沢に入り雪をかき分け貴船山を巻き、滝谷峠に出る雪は30Cmから深いところで40Cmでワカンなしで快適な雪の北山を楽しむ、下降に入り谷の源頭に出る少し下り、木からの落雪に会いながら滝に出る、フイクスして有り堤さんトップで通過、安心して見ていました。

 

f:id:hirasankun:20150329224813j:plain

 橋に出る300mぐらい手前でツエルトの搬送の仕方を説明して貴船神社に急ぐ。橋を渡り鞍馬山に登る。5,6人登っている。寺に着き、お参りして「茶屋」で休憩して由岐神社に急ぐ山門に着き、相談して貴船口まで歩き車に再会する。雪も大分解けて鞍馬街道に出る。メールが入り堤さんが京都駅との事で、地下鉄の北大路駅まで送る。

 メンバーに恵まれ、雪にも恵まれ楽しい雪の北山を楽しみました、堤さん有難う御座いました。ユリ道はまた機会が有りましたら何人かで登りましょう、雪山のビギナーの人でも登れます、その時はよろしく。

 

【感想】50期 堤 潤

北山南部で雪もそんなに無いと思ってつぼ足歩き予定だったが、京都は朝から雪でびっくり。貴船口先の少し急な作業道から取り付く。雪は最初は20cm程度だったが、尾根を北上するにつれて少しずつ増えて、深い所ではヒザまで。しかし幅広の山道に積ってるのでツボ足でも歩ける。時折雪が降る中、ゆっくりと歩く。誰も歩いていないので気持ちいい。滝谷峠について、あとはのんびり下山だと思っていたが、峠からの谷沿いは予想外に急傾斜のトラバースがあって緊張。雪も深いし、谷も少し荒れている。ここらは一歩一歩足元を確かめながら慎重に通過。その後、車道も歩いて鞍馬山に入山。急階段を登る。夏雄さんはお堂があるたびに手をあわせてはりました。ここは貴船山と違ってけっこう観光客が登っています。雪が締まって滑りそうで皆さん慎重でした。

 

f:id:hirasankun:20150329224832j:plain

雪の本殿をお参りしてから夏雄さん行きつけ?の本殿下のお茶屋でコーヒータイム。ここは暖かい、広い、のんびりできる、安いでなかなかGOODでした。あとは下山と歩いて貴船までのんびり歩きました。雪の貴船鞍馬もなかなかよかったです。ありがとうございました。