読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

No.3609 2016 年8 月10 日(水夜)~14(日) 夏山合宿 Dプラン 北アルプス 薬師峠定着/薬師岳、北ノ俣岳ピークハント

f:id:hirasankun:20161018061919j:plain

薬師峠~太郎平

 

【参加者】CL 上坂淳一 1名

【天候】11日快晴 12日快晴 13日快晴 14日快晴

【記録】上坂淳一

10日 21:30京都→26:00有峰口ゲート

11日 6:30有峰口ゲート→7:30折立8:30~11:00五光岩ベンチ~12:00太郎平~12:20薬師峠(幕)

12日 9:00薬師峠~12:00北ノ俣岳~14:00薬師峠

13日 6:30薬師峠~8:00薬師岳8:30~9:30薬師峠

14日 5:30薬師峠~8:30折立

 

【11日】

 折立トイレの順番待ちでいくらかタイムロス。歩き始めると予想以上に人が多い。今回の任務はテント場の確保なので、A隊と別れて先を急ぐことにする。途中、元岳人誌編集部の山本デスクと出会う。テント3張りを正午過ぎに薬師峠に上げたが、既に平坦なサイトはほぼ埋まっていた。何とかスペースを確保し、A隊を迎え入れることができた。

【12日】

 昨日は2隊だけだったが、今夜は3張、明日は家族山行隊も含めて7隊20名以上になるので、改めてテントサイトを確保し直すことにする。

 縦走パーティは遅くとも5時前にはすべて出発したが、1/3ほどのテントが残っている。しばらく様子を見ていると7時から8時ごろに早朝に薬師岳ピークハントを終えたパーティが戻って撤収下山していくのが分かった。午後になるとまたテントが増えるので、この隙にテン場を確保する。少々日が高くなったが、この日の目的は北ノ俣岳周辺の写真撮影。ハクサンイチゲの群落は確認できたが花はほとんど残骸。チングルマの神輿が朝露に美しく輝いていた。リンドウ、ミヤマリンドウも多く見られ、北アルプスは早くも秋の気配。

 薬師峠に戻ると、既にC隊が到着していて、缶ビールで乾杯。

【13日】

 今日は全隊の合流予定日だ。赤木沢に向かうC隊と下山する長野を見送った後、B(縦走)隊と交信するために薬師岳に上がる。午前中には来るだろうと予想して待っていたが、8時過ぎに北薬師岳のB隊と交信できた。到着を待ちたかったが、無事も確認もできたので、テン場に戻って、他のパーティを待つことにする。

 B隊が到着後、集中パーティの中で唯一子連れの岩波隊にサポートを送ることにして、有志を募ったところ、疲れているにもかかわらず、多くのメンバーから協力の申し出があった。BCは夕食の手配もあること、無線機の使用、岩波家との交流の深さなどを考えて、加藤と江村に五光岩ベンチまで迎えに行ってもらうことにした。

 予定通り、全隊が無事集中し、差入れのスイーツなどもいただいて、ちょっぴり贅沢な山の夕食になった。

【14日】

 4日間の快晴に感謝しつつ、早朝から下山。久しぶりの北アルプス山行を終えた。