読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

No. 3646 夜間登山と大文字山ビバーク

f:id:hirasankun:20170405125012j:plain

【メンバー】L長野浩三,AT,比留間照幸

【タイム】2017年4月1日21時 銀閣寺集合~21時40分 大文字山三角点・ビバーク

4月2日6時30分 三角点~7時 銀閣

【天候】晴れ

【記録&感想】46期 長野浩三

 恒例の大文字ビバーク例会だが,今回は銀閣寺からの登山となった。40分ほどで三角点に到着。

 前回の12月のビバークよりも気温は高いが風が強く,体感温度は前回よりも低い。

 キムチ鍋で宴会をしたが,寒くて震えた。

 たまたまATさんが会のテントの補修が完了したのでロッジで受領して持っていたので,「テントで宴会をしよう」とか「テントで寝よう」とかいう意見が出されたが,「それではビバーク例会の趣旨が没却される」との反論,「ビバークといってもシュラフを使うのであれば元々ビバークとはいえない」との再反論等,喧々諤々の議論がなされ(酔っ払ってのぐだぐだの議論です。),結局,各自好きに寝ることになった。長野は露天,比留間はツェルト,ATはテントでそれぞれ寝た。朝方はかなり気温が低く,顔が冷たくて目が覚めた。

 相変わらず夜景はすごくキレイだった。

 比留間さんはだんだん装備を減らしていっているとのことなので,そのうちシュラフなし,ツェルトのみのビバークをしてくれることと思う。

 今後も装備点検会の前の日にはビバーク例会を企画したいと思うので,是非ご参加を。鍋もうまいし,夜景もきれいですよ。

f:id:hirasankun:20170405125030j:plain

【感想】51期 AT淳

参加者少なそうだったのでなんとなく参加表明をしたが、前日雨降っているし、当日も朝から寒くはげしくやる気がなくなり、「長野さんに地面がぬかるんでいそうだけど例会やりますか?」というメールを打ってみたが、じゃあやっぱり止めとこうか、ということにはならず、やる気満々のようなので仕方なく行く事になった。

仕事終わって大阪から帰り、時間ないのでバイクに乗って修理に出していた山岳会のテントをお店で受取り、返す刀でそのまま銀閣寺へ。

いつものように鍋をやって酒を飲むだけかと思っていたら、比留間さんは本気で主旨通りビバークの練習に来ている様で、会の広いテントをたてて中にお招きしたが頑なに拒否されてしまった。

風よけの為に比留間さんの方にテントを置いただけでも一喝されてしまい、たいへん恐縮した。

何でも訓練を重ねるごとに段々装備を減らしていく計画らしく、最終的には裸一貫で寝るというところまで鍛えるそうで、感心した。

自分もはじめは頑張って風に耐えながら鍋を食べてお酒を飲んでいたが、著しく体温が下がってきて生命の危険を感じたので、止む無くテントの中に緊急避難して寝袋に半身入りながらお酒を飲むことにした。

 

夜も更け、早く寝ないと生命の危険があるので、歯を磨いて寝袋にくるまるが、4人用テントに1人なので室温も少しひんやりしており、このままでは生命の危険があると判断しストーブをたく。

暖かさでウトウトしてきたころでストーブを切って就寝。

よく寝られたが朝も早くて睡眠不足。

こんなところでテントを張って朝飯を食べているのは人に見られると異様かと思ったが、早朝から登ってくる人々も個性的な人が多く、我々の様な集団でも何の違和感もない。

長野さんからいただいた高級なお酒がアルコール度数60度?くらいだったので、頭が少しズキズキして生命の危険を感じたが、暖かいココアを飲んで事なきを得る。

 

次回もやるということで、寒いし寝不足になるので自分は次回は勘弁願いたいと思うのだが二人の同調圧力で次回も出席することになるのだろうか。

【感想】57期 比留間照幸

いや~寒かったです。風って寒いですね。改めて思いました。本当にビバークとなったとき、風が強いとかなりヤバイです。

装備的にはツェルト&シュラフのなんちゃって装備ですが、シュラフがなかったら、多分眠れなかったはずです。雨が降ってたら、低体温症にもなってたかもしれません。

やっぱり安全登山は心がけたいです。

それにしてもテントが出てきた時には誘惑に負けそうになりました。

ATさんのいたずら心に、危うく鍋パーティーで終わるとこでした。

なんだかんだで第2回目も楽しかったです。ありがとうございました!

 

 

f:id:hirasankun:20170405125041j:plain