京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

№3705 2017年12月 16 日(土)京都外周ウォーク④-2 ~大原から比叡山横川を歩く~

f:id:hirasankun:20180109172850j:plain

【大尾山の肩にあった雪だるま】

【メンバー】57崎山康治

【天候】曇り 大原側は薄日が差す 琵琶湖側は北風が強い

【行程】9:15京都バスバス停大原出発~

三千院~来迎院~8:40音無滝登山口~

10:00標識「大尾山1」~10:20三の滝

~10:30標識「3」~10:50標識「4」~

11:00「標識5」~11:15大尾山の肩~

11:20大尾山(681m)小休止~(林道)

~11:55登山道取付き~12:10小野山

(P670m)~12:30伐採地 (昼食休

憩)12:50~13:00仰木峠~(東海自然歩

道)~13:10横川分岐~13:30谷川の橋

~13:50横川地下道~14:00横川中堂入

口 (休憩所・トイレ有)~14:30せりあ

い地蔵(小休止)~15:30谷川~15:50

登山口バス停着 

【歩行距離等】

歩行距離:10km

所要時間:6時間35分

累積標高差(+)949(-):1005m

【記録】大原バス停から三千院前、来迎院前と進み音無滝の北側の登山道を沢に沿って上る。「大尾山1」の標識で東の沢へ辿り「三の滝」を経て標識「3」を過ぎ、谷を離れて尾根筋を北に直登し大尾山の肩に着く。東に向かい大尾山に到着。「古知谷・仰木峠6」の標識があり積雪5センチ。小休止後南に下り、広幅の林道を経て再び山中に入り西に登り尾根筋に達し、南に辿って小野山を経て伐採地に到着。北風に吹かれながら昼食休憩。南下してすぐに仰木峠に到着し、東海自然歩道を登り水井山への道と分かれ東寄りの横川への急坂を下る。谷川に架かる小橋を渡って南へ急坂を登り、ドライブウエイ下の地下道を潜り、横川への急坂を登り横川中堂の門に至る。門の近くに休憩小屋と広い駐車場の南にトイレがある。トイレの近くから横高山南麓に向かう。西寄りのなだらかな行者道を辿りドライブウエイ下の地下道を潜り、せりあい地蔵前に登る。小休止し、「横高山6」から「3」までの標識を辿ってがれきの急坂を下る。台風の影響かモミの大木が倒れているのを越えて谷川まで降りる。標識「2」から少し登って「1」に至り杉の大木が根こそぎ倒れているのを越えてバス停登山口に到着

【感想】今回は次の4つのタイプのコースが楽しめました。

①スタートから大尾山までは門前の観光路、沢沿いの細道と急な尾根道、②大尾山から仰木峠までは、林道を経て北風に吹かれ琵琶湖を眺めながらの尾根道、③仰木峠からせりあい地蔵までは東海自然歩道で階段状の坂道の上下や穏やかな行者道、④せりあい地蔵からゴールまではがれきの坂道と穏やかな山道で倒木を越えながらの山行でした。

それぞれに地元設置の標識がありオリエンテーションのような感じも楽しめました。

腰折れを2句

「寒風に歯ごたえのあるカップ麺」

「尾根に立つ我の発する比叡おろし」

【経路図】

f:id:hirasankun:20180109172833p:plain