京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

個人山行 Team BCS ゲレンデ&オフピステ~山岳スキートレ~

2018年2月9日(金曜日) ~2月12日(月曜日)

 

【メンバー】

CL)梅村重和、藤井康司、中尾諭、T.S

   M.K

5

【行 程】

29()

京都&大阪=五竜とおみ エスカルプラ

ザ仮眠室(泊)

210(土)

エスカルプラザ730=八方尾根スキー

(終日ゲレンデトレ&フォーム撮影会)

=中野トラベラーズイン(泊)

211(日)

トラベラーズイン=黒姫スノーパーク

800=ゲレンデ上部-稜線-ゲレンデ

上部-リフト乗り場=中野トラベラーズ

イン()

212()

トラベラーズイン=野沢温泉スキー場

(午前券にてゲレンデトレ)=京都&

大阪

 

【記 録】59期 梅村重和

29()

時間を効率よく使うため居住地ごとに京

都組と大阪組の2台のクルマで出発。五

竜とおみエスカルプラザ集合となった。今回のエスカルプラザは個室を確保。ソファベッドの並ぶ大部屋に比べ割高となるが、我々だけで個室を独占できるのは快適である。

210()

今回は八方尾根スキー場でゲレンデトレ

スマホで動画を撮り食事時や休憩中に

チェック。自分の滑りはこのように動画

で見るとよく解る。もっとトレーニン

グに精進しましょう。

211()

黒姫スノーパークから黒姫山往復。小雪

の舞うコンデションで視界はイマイチ。

リフトを2本乗り継ぎゲレンデトップ

へ。

 

f:id:hirasankun:20180527215151j:plain

▲黒姫スノーパークゲレンデトップから

樹林帯の登行

 

オープンバーンの斜面を出来るだけ樹林

寄りにシール登行する。オープンバーン

の上部から樹林帯に入ったあたりから雪

はやみ天候が良くなってくる。思いのほ

か密な樹氷の森の中、稜線を目指す。初

めてのルートではないものの天候次第で

印象はずいぶん違ってくるものだ。いつ

のまにか空は晴れ渡り青空をバックに樹

氷がキラキラと輝いている。

 

f:id:hirasankun:20180527215206j:plain

▲雲が切れ青空が広がる

 

風もほとんどなく快適な登行である。

シールを履いたスキーが心地よく雪面を捉え、登行を促す。ダウンヒルへと、はやる心を押さえひたすら稜線を目指す。稜線からは樹氷の向こうに野尻湖が見えている。

 

f:id:hirasankun:20180527215219j:plain

黒姫山の稜線から

 

シール外して、樹林帯へダウンヒル新雪

を蹴り、樹林の疎な所を選びながらゲレンデトップへ。クラストしたゲレンデをかっ飛ばし無事下山となる。

212日(月)

最終日は野沢温泉スキー場でゲレンデトレ。午前中、目いっぱい滑り帰京となった。