京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

〈例会〉高島トレイル コンプリート5(桜峠〜地蔵峠)

2023年11月25日(土)〜26日(日)

桜谷山からの雲海/びわ湖、手前は朽木の谷

三国峠(岳)にて

【メンバー】CL秋房伸一、松井美佳、上坂淳一 会員2名 OB1名 計3名

【行程】11月25日(土)曇時々雨 出町柳7:45=(京都バス)=9:02朽木学校前=(タクシー)=桜峠9:33〜11:24:行者山〜12:05横谷峠〜14:26駒ヶ岳〜15:36テント泊地(桜谷山手前)[歩行距離15.7km]

11月26日(日)晴れ 起床4:00、テント泊地5:55〜6:17桜谷山(P825)6:35〜6:50木地山峠〜8:00百里ヶ岳8:08〜8:32百里新道分岐〜9:14根来坂峠〜9:37おにゅう峠〜12:25三国峠(P776)〜13:36地蔵峠〜15:00朽木生杉(山帰来)=京都 [歩行距離21.0km]

駒ヶ岳手前の駒ヶ池にて

【記録と感想】52期 秋房伸一

本例会シリーズは、ワンデイの積み重ねでコンプリートする設定であったが、諸々勘案して今回はテント泊に変更した。

コロナ禍以降、久々のテント泊山行。各人、行動用とは別に水を2ℓ背負ってもらった。結果的には水は3人で3ℓあれば足りた。

食当は新人の松井。夕食は米を炊き、豚汁。朝食はおかゆ。美味でスムーズに事が運んだ。

初日は京都バスで始発の出町柳から終点の朽木学校前へ。タクシーで桜峠へ。

行者山までは意外に長く感じたが、その後は淡々と歩を進めた。標高が上がるにつれ、時折雪混じりの風が吹きつけ、前方の桜谷山あたりはガスに覆われていたので、午後3時半過ぎに、テントを立てた。

翌朝は快晴。4時起床、6時出発で予定通り桜谷山へ。ヘッデンを点けてスタート。山頂に着くと、御来光と一面の雲海が広がっていた。テント泊山行にして良かったとしみじみと感じた。

木地山峠はなかなかよい雰囲気。百里ヶ岳への登路はシビアかもしれないと思っていたが、3人で話をしながら歩いていると、割とあっけなく到着した。

百里ヶ岳からは雲海の向こうに遠く加賀の白山がその名の通り真っ白に輝いていた。朽木の谷を覆う雲海の先には比良の山々が横たわり、びわ湖も雲海で蓋をされ、その先には鈴鹿の山々。

根来坂峠とおにゅう峠でも雲海を得られ、この季節ならではの眺望に感謝した。

計画していたよりもサクサクと進めたので、下山は地蔵峠に変更。おにゅう峠から三国峠地蔵峠へは標高も下がりリエゾン区間のようなものかと思っていたら、なかなか骨のあるトレイルであった。

地蔵峠到着で、なんだかコンプリートしたような達成感を感じてしまった。地蔵峠から生杉までの林道区間が長く、アスファルトの衝撃が堪えた。生杉の山村都市交流館「山帰来」でコーヒーとカップ麺を頂き、帰路についた。

百里ヶ岳山頂にて

【感想】66期 松井美佳

月2回のペースで楽しませて頂いた高島トレイルも後半になりました。今回5回目はテント泊です。初めての食当で皆様の口に合うか心配しておりました。

当日はまたしても雨。しかし小雨で山行に大して影響無い程度でありがたかったです。寒いので足が進みます。テントを張る予定の駒ヶ岳に早くに着いてしまったのでもう少し進めました。桜谷山の手前にちょうど暴風の防壁のような尾根のある場所がありそこでテントを貼りました。

皆様から手早くまた丁寧に教えて頂き、あっという間にテントは出来て、食事の準備です。私は香味野菜が大好きなので生姜をたっぷり入れた豚汁にしました。薬膳豚汁だとおっしゃりながら文句も言わず食べて下さった皆様ありがとうございました。

その後次の日のために夕方から寝ます。夜中に枕が逃げたと思って追いかけたらそれは上坂さんの足。。悪夢を見てらっしゃったに違いありません。申し訳ありませんでした。

次の日は素晴らしい晴れでした。水墨画のような雲海を目の前に進みます。白山や鈴鹿、蓬莱山まですっきり見渡せます。小浜の街も海も綺麗に見えました。

機嫌良く進むとこれからはテープの案内が有りませんという看板。道なのかただ歩きやすいところなのか難しい場所を秋房リーダーは迷いもせず進まれます。

降りは少しスピードアップして鍛えて頂き、何回か転けながらなんとか進みました。足が動かす気持ちが急ぐ私にマイペースと声かけ頂いた上坂さん、本当にありがとうございました。

2日目は結局6回目で通るはずだった地蔵峠まで快適に進めました。

終始気を遣って頂いた秋房リーダー、緊張をするたびにほぐして頂いた上坂さん貴重な1日をありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

びわ湖を覆う雲海、百里ヶ岳より

地蔵峠に到着

〈例会〉高島トレイル コンプリート4(石田川ダム〜桜峠)

2023年11月18日(土)

高島トレイル中間地点の二の谷山にて

【メンバー】CL秋房伸一、松井美佳、上坂淳一 会員2名 OB1名 計3名

【行程】11月18日(土)曇時々霰 ロッジ前6:15=ローソン山科四ノ宮店6:30=石田川ダム(松井・上坂が入山、秋房は桜峠へ車を回し、逆コースで入山)7:52〜9:08武奈ケ嶽北尾根〜9:34武奈ケ嶽〜10:05赤岩山西峰〜10:56秋房と合流〜11:24水坂峠11:29〜12:47二の谷山(トレイル中間地点)12:52〜13:51桜峠R367〜13:55車デポ地 [歩行距離15.4km]

*秋房:桜峠8:16〜10:16水坂峠〜10:56上坂・松井と合流(以下同一行動)[歩行距離16.2km]

【記録と感想】52期 秋房伸一

今回で4回目の高島トレイル。前回、冬型の季節風と雨が身に沁みたからか、今回は各人が足元をそれぞれの方法で固めてきた。これまではローカットのトレッキングシューズだった松井はミドルカットに。上坂は長靴。私は十数年ぶりにとりだした片足1.3kgのシャンクの硬い革製登山靴(気候対策というより単なる好みで。IBS石井スポーツのマッテンベル)。

レインウェアも装着してスタートしたが雨は降らず、時折霰が吹き付ける天気だった。

松井上坂パーティーは石田川ダムから武奈ケ嶽北尾根までの登りを、高島トレイルマップのコースタイム1時間50分のところを1時間15分、秋房は桜峠から水坂峠(コースタイム3時間)まで2時間。もともと今回は山深くなく精神的にも楽なコースであったが、予定よりも早く歩き通し、余裕の山行となった。

個人的な感想となるが、伝統的な革登山靴は靴底がほとんど曲がらないため、否が応でもフラットフッティングになる。急登では足首を斜面に沿って曲げることにより誠に歩きやすくなったが、下りは歩き難い。下りのテクニックが必要。重量増のつらさは全く感じなかったが、敏捷な動きは難しいので、やはり重たいザックを背負って一定の歩速での用途に向いているのであろう。

びわ湖を望む

【感想】66期 松井美佳

高島トレイル4回目は石田川ダムから武奈ヶ嶽を経て桜峠でした。またしても雨予報で、前回寒かったので、沢服と沢タイツを履き家を出ました。道中雨も降らずサウナスーツ状態です。着替え休憩をさせて頂き武奈ヶ嶽に到着です。

右手に小浜からの日本海、左手に琵琶湖が見える贅沢な尾根で気分を良くして進みます。しかし赤岩山西峰からの下りが岩場で、ヘタレポイントです。私の後ろを歩いている上坂さんには却って辛いスピードでゆっくりゆっくり進ませて貰います。あと少しだから頑張れ!と励ましてもらいなんとか降りきる事が出来ました。あんなスピードに付き合って頂き感謝です。

その後水坂峠までは秋房さんと次に出逢うに違いないとホイホイ言いながら進み、近くで声が聞こえたときには達成感すら得られました。合流後、二の谷山に進みます。途中一本貰え、食べている最中にアラレが降ると言うベストタイミングで、運良くアラレも体験できました。

二の谷山は逆向きに降っていたらまたゆっくりになってしまう道を登りは強気に進みます。桜峠までは優しい降りで安心です。と言ってもスローダウンは何回かさせてもらいました。

このムラだらけの歩きに文句も言わずお付き合いして下さる秋房リーダー、上坂さんに感謝です。4回目もたくさん学ぶべき事があり素晴らしい山行となりました。半分を過ぎてしまうのが惜しいです。後半もよろしくお願い致します。

サクサクと歩く

No.4027 烏帽子岩-駒形岩クライミング ※岩ポイント

2023年11月13日(火)夜〜14日(水)

【メンバー】CL HE(64期)、SL AT(51期)、SN(26期)、TY(62期)、NF(54期)、YK(60期)、MA(64期) 会員7名

【行程】11月13日 19:00以降、MAさんを除く6名が順次JR道場駅ヤマザキYストアの2Fに集合

11月14日 天候:晴れ 07:30 MAさん合流 ~08:30 ヤマザキYストア発 ~8:50 烏帽子岩 ~16:30烏帽子岩発 ~16:50 JR道場駅

【記録・感想】64期 HE

何度やっても驚くほど登れない私が岩例会を開催するのも変な話ですが。。10月の個人山行(エボコマクライミング)帰宅時にJR道場駅前のヤマザキYストア前で飲んでいたら、店主の方から「2Fは解放しているので、大学の山岳部か岳連所属の山岳会の公式行事なら使って良い」とのことで、試しに例会を開催し、使わせて頂きました。

まずは13日の夜に集合ですが、SNさんが19:00に到着し、ヤマザキで買い出ししてくれていたので、各自持ち込んだ夕食を取りながら一杯飲んで語らう良い時間になりました。が、ついつい行き過ぎてしまうのが世の常。結局00:00過ぎまで飲み倒し、すでに酩酊状態だったみんなのコント大会の幕開けです。

【演目】

-ミッキーと私

-トイレを探せ-1

-枕を探せ

-トイレを探せ-2(通路はどれだ?)

-防寒対策:ふなっしーに負けるな

-枕はこれだ

-カメムシまみれ

もう4:00前まで可笑しくて可笑しくて。。。寝ている方も居られる中必死で笑いを嚙み殺しつつ良いモノ見せて頂きました。

翌朝からのクライミングは。。。皆さんについていけないレベルですが、一緒に遊ばせてもらって楽しく過ごせました。帰りはヤマザキYストア隣のおでんやさんで一杯飲んで終了。参加頂いたみなさん、ありがとうございました。来月もやりますよ、合宿クライミング

【感想】60期 YK

駅前のヤマザキショップの方のご厚意で、前夜から現地入りさせてもらい、早朝から登りまくるという岩例会企画。のはずでしたが、22時ごろから本格開始した飲み会は0時過ぎまで続き…、体よく濃霧のせいにし、朝の開始時間を変更することとなりました。とはいえ前夜は、トイレへのルーファイに失敗する会長、シュラフをかぶり高山病になりかける会長など、笑いの面では大きな収穫がありました。

ライミングの面では、「帰って来たヨッパライ」をはじめ計7課題に取り組みました。個人的には、「タイムトンネル」をリードで挑戦し、何度も落ちて悔しい思いをしましたが、無理めな課題でもチャレンジできたことはよかったです。またジムではなく外岩で登るということは、状況に応じたセルフビレイやアンカー構築などのリスク管理面でも、自立したクライマーとして成長する必要があるのだなと思いました。

例会の後には、訳のわからない擦り傷と思い出し笑いが残りました。ヤマザキの方が駅まで見送りに来てくださったことも印象に残っていますが、エボコマは初心者から上級者まで登りがいのある課題が多く、また遅い季節まで登れる暖かい岩場だそうで、今後も会とよい関係を続けていけたらと思いました。皆さまお世話になりました、今後ともよろしくお願いいたします。

No.4024 剣山から石鎚山へ#4 笹ヶ峰~伊予富士 ※テント泊ポイント

2023年11月3日(金)〜11月4日(土)

【メンバー】L:EH、DT、OM、KI、HM、MM 会員6名

【行程】11月03日 天候:晴れ 06:40 京都駅烏丸口=12:30 笹ヶ峰南登山口 12:40~14:45 笹ヶ峰 ~15:40 丸山荘(テント泊)

11月04日 天候:晴れ 07:30 丸山荘~08:15 紅葉谷~08:35 ちち山~09:00紅葉谷~09:20笹ヶ峰 ~10:25寒風山~11:40桑背峠~12:35旧寒風山トンネル登山口

【記録・感想】64期 EH

剣山から石鎚山まで繋げる山行の第四弾として今回 笹ヶ峰(~ちち山往復)~伊予富士の企画をさせて頂きました。

事前情報で、テン泊予定地の丸山荘のみならず山全体で水が枯れているとのことから全員2日分の水を準備、運搬することになりました。

三連休初日は想像以上にクルマが多く、到着に時間が掛かったため、初日に予定していたちち山巡りは省略して丸山荘へ直行し、テント準備を実施しました。丸山荘は笹ヶ峰頂上直下のきれいな小屋で、登山者が協力して残された小屋を大事にしていかないと と思いました(トイレもキレイ、ご厚意で避難室の開放もされてました)。

お楽しみの晩御飯はなんと!皿うどん!酢や辛子といった調味料も完備!山でこんな美味しい晩御飯って幸せです。HMさん、ごちそうさまでした。

が、ヒマラヤ帰りのDTさん、OMさんは全然元気がなく、なんと歩荷してきた酒が余るという前代未聞の事態に。こんなこともあるんですねぇ。。。

翌日はリーダの私が大寝坊してしまい、何とかちち山~寒風山は巡れましたが、伊予富士までは時間切れで到達できずでした。同行頂いた皆さん、すいませんでした。

ただ、予想していたたおやかな稜線だけでなく、荒々しい岩場も多く、今までとは違う四国の山を見た気もしますし、天候にも恵まれ、個人的には印象に残る山行でした。

また下山後に笹ヶ峰林道(UFOラインって言われているところですね)を少し偵察させて頂き、次回の山行プランへの手がかりをつかむことができました。

来春以降もジワジワと石鎚山へ向けて歩こうと思いますので、これに懲りずまた参加頂けるよう、よろしくお願い致します。

追)モンベルの6テンは今回が初使用ということで、心の中では「伊予富士」にしようと決めていたのですが、今回は到達できず。。。「ちち山」でも良いのかなぁ。。。

【感想】22期 KI

四国の山は、低い笹原に覆われて見晴らしが良く気持ち良く歩ける稜線が沢山あり、正に今回はお天気に恵まれ、楽しい山行となりました。

テント泊した丸山荘では、水が枯れているとの情報で、水のボッカに加えて、思った以上に傾斜の急な登山道が沢山あり、大変な所も有りました。

夕食の揚げ焼きそばは、山の食事とは思えない程、具材も下処理も凝っていて格別なものでした。少し拍子抜けだったのは、ネパール帰りのお二人がいつもと違いお酒が進まなかった事です。まだ、体調が本調子では無いのに車の運転、お世話になりました。

今回、時間の都合で行けなかった伊予富士以降、次回を楽しみにしています。

【感想】63期 OM

この四国縦走第一弾と三弾は都合つかず参加できなかったが、今回の第四弾は第二弾に続いて参加させていただいた。

この縦走シリーズは私にとっては次の二つの楽しみがあった。一つは夕食の担当者が決まり、食材は重くなるが豪華な食事が楽しめること。もう一つは四国の山特有の爽快な笹路の縦走が楽しめることである。今回も楽しみにしていたことを裏切らず期待以上に楽しむことができた。特に夕食は豪華な調味料たっぷりの餡かけかた焼きそばを作っていただき、自宅で食べるものより一層具材が多く手際もよかったのでおいしく食べさせていただいた。うずらの卵からむきを手伝わせていただいたが要領悪く結構つぶしてしまいごめんなさい。

時間切れで伊予富士は次回のお楽しみとなったが、縦走路も期待していたように笹路の爽快な歩きが楽しめた。帰りの車道でも初めての瀬戸大橋を通ることができ幸運だった。

初めて新しい6テンに寝させていただいたが広くて快適だったが、3人で寝たので広すぎて寒かった。底生地が丈夫にできておりちょっとかさばり重いのが難点と感じた。

みなさん健脚ぞろいだったのでついていくのに必死だったがいいペースで歩いていただき楽しかったです。みなさんご一緒頂きありがとうございます。また次回の第五弾に参加出来たらと思っております。

〈例会〉高島トレイル コンプリート3(ビラデスト今津〜石田川ダム)

2023年10月28日(土)

雨中歩行後、やっと出会えた

【メンバー】CL秋房伸一、松井美佳、上坂淳一 会員2名 OB1名 計3名

【行程】10月28日(土)雨/曇 ロッジ前6:15=ローソン山科四ノ宮店6:30=ビラデスト今津(松井・上坂が入山、秋房は石田川ダムへ車を回し、逆コースで入山)7:50〜10:00近江坂三叉路〜10:42大御影山〜11:46大日尾根〜12:18 p887北側で合流〜13:12三重獄〜水谷分かれ14:09〜15:02武奈ケ嶽北尾根〜15:50林道〜15:59石田川ダム=京都 [歩行距離19.1km]

*秋房:石田川ダム8:40〜10:14武奈ケ嶽北尾根〜11:01水谷分かれ〜11:20p855付近〜11:48三重獄分岐〜12:14p887〜12:18上坂・松井と合流(以下同一行動)[歩行距離21.8km]

【記録と感想】52期 秋房伸一

天気予報は雨のち曇り。小雨決行の計画でもあり、スタートからレインウェアで固める。ビラデストから出発した松井さん上坂さんが雨中シビアなことにならなければ良いと思いながら、石田川ダムを出発。

武奈ケ嶽北尾根への道は明瞭で助かった。尾根に上がると冬型の気圧配置による北からの風が雨混じりに強烈に吹きつけてきた。久々の雨中行動だったが、ゴアテックスの性能は確かだった。

尾根筋で傾斜が緩むと、トレイルが不明瞭になり、支尾根や池塘の回避で、緊張感を持って進んだ。無線での上坂さんとの交信は良好だったので、その点では心強かった。

三重獄山頂は高島トレイルからの枝道でピストンになる。頂上を踏むのは合流してからにすると打ち合わせていたので、頂上への分岐は通過して、先を急いだ。

887mピークで進行方向を探ってからほんの少し下ったところで出会えた。

ちょうどその頃から雨が止んだ。ガスも上がってきて、左手の谷越しに長大な尾根が出現した。地形図と同定したら、それはビラデストからの松井さんと上坂さんが当に歩いてきた尾根だった。大御影山の電波塔がメルクマールとして小さく屹立しているのが見えた。

冷たい風は吹いていたが、暗くなる前に無事、石田川ダムに下山した。山深く、なかなか貴重なコースだった。

長大な尾根が谷越しに見えた

【感想】66期 松井美佳

当日は午前中だけ雨予報でした。風速は17mと出ていました。私は薄着が好きな方で、レイン上下と暖かそうなインナーで行きました。寒かったです。使わなくても上着持ってきたら良かったと後悔しました。

前回と引き続き秋房さんが石田川ダムから来て頂けるので上坂さんと2人で入山です。引き続き前を歩かして頂きましたが、ペース配分が下手くそで、雨の中大変お手間をおかけしました。綺麗な場所、広い場所に行くと道迷いをしやすい単純な性格で。。

その度冷静に教えて頂き有り難かったです。秋房さんと合流後は雨も止み素敵な尾根を降りていきます。行きに通った稜線が綺麗に見えました。

素敵な1日をありがとうございました

三重獄ピークにて

【感想】上坂淳一

「高島トレイル」は個人の嗜好や思いつきではなく、江若国境付近の分水嶺をたどるように設定されており、そのことに深く興味をそそられ、完歩を目指すことにしました。コース上にある峠や山頂の多くはハイキングや自転車、バイクなどで通過したことのあるポイントですが、あらためて縦走でのタクティクスを考えてみれば、アプローチが絶望的に不便であることに気づきました。このシリーズでは秋房リーダー自らは事実上の送迎役となっておられて、ご自身は完歩されないことを大変申し訳なく思いつつも、二度と得られないであろうこの機会に何とか踏破してご恩に報いたいと思っています。また縦走一部集中という稀な形式となった場合、無線機はとてもよく働いてくれています。

シリーズ初回は江若国境らしく日本海と琵琶湖の展望を楽しみました。二回目は草原の快適なルートでした。今回はシリーズ三回目の山行です。近江坂から大御影山へはブナ林の続く山稜でしたが、午前中あいにく冬型の気圧配置に風雨が強かったです。稜線のブナは横向けに立ち上がっていましたので、冬季の風雪の厳しさを想像せずにはいられません。新緑の季節に訪れたならきっと爽快だろうと思いました。野坂山地に入ると稜線は穏やかで歩きやすいものの踏み跡が薄いところでは思いのほかRFが困難でした。皆さんのペースについていくのはなかなか厳しいのですが、次回以後も何とか頑張ってご一緒させていただきたいと思っていますのでよろしくお願いします。