京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

No.3926 金毘羅岩登り講習会 ※岩ポイント

2021年10月23日(土)

f:id:hirasankun:20211114133207j:plain

【場所】京都大原 金毘羅の岩場

【メンバー】CL丸山 弘 SL小前竜吾・山田俊男、NF、秋房伸一、中村恵子、HI、尾上 実、木内真左子、赤松美樹、佐野美和、榎 浩之、梅木一利 計13名

【行程】23日(日)

9:30 江文神社集合―9:45 班分け、装備確認―セルフビレイ、懸垂下降練習―11:00 ワイケン尾根を登る―14:00 ワイケンの頭に集合―懸垂下降練習、ワイケン沢を下降―16:00 江文神社解散

【記録と感想】43期 丸山 弘

夏以来、「新人カリキュラム」の最大公約数的な必修事項を理事会で検討し、今回は「新人カリキュラム岩ポイント」マニュアル化の試行例会として実施しました。

新人カリキュラムを終了した会員なら必ずできるべき項目を明示し、その後のマルチピッチの岩場などに参加していただく際に支障が無いようにしたいというのが動機です。

事前配布テキストを作成して岩ポイント例会のリーダーと参加者に学習項目を理解してもらうよう配慮しました。

今回は実質的に4つの班の班長さん(小前さん、山田さん、Fさん、秋房さん)にリーダー役をお願いしたので、私は全体を横でみる事ができました。

初心者はとりあえず安全にセカンドで登れること。経験者はリードで登り、セカンドをビレイできること。リーダーは両方を指導できるのが目標です。

取り付き近くの斜面で立木から支点をとって、セルフビレイと懸垂下降のセットの練習をし、小一時間してからワイケン尾根へ。各班とも多少手間取りながらもセルフビレイのセット、確保支点のセット、ビレイ、コールを丁寧に実施していただけたようです。

岩場自体は確保なしで登れる難易度なので物足りないと思われたでしょうが、今回はロープ確保のシステムと手順を理解するための練習ということでご容赦ください。またMKやホワイトチムニーにも遊びに来てもらえたらと思います。

最後にワイケンの頭で懸垂下降の練習をしましたが、懸垂支点のボルトがどれも古いので岩から支点やバックアップをとりました。もう少しすっきりした懸垂下降の練習場所が欲しいところです。獅子岩での新人カリキュラム実施も有力な選択肢と思います。

懸垂のマッシャーのバックアップについては賛否あり、「セットにかかる時間や作業の煩雑さ(間違いやすさ)下降速度の遅さ」などと「得られる安全性」との差し引きが問題になるところです。今回は、講習会という性質上まずはバックアップを取る方法を用いましたが、一人目以外はバックアップを取らないのがスムーズで実戦的ではあります。

懸垂からの登り返しをNFさんと少しだけ北壁でやりましたが、セルフアッセントやビレイヤーの脱出、介助懸垂、3分の1システムの引き上げなどはそれだけを目的に場所と時間の設定をしないと時間が足りないかと思います。

予定した課題は十分にはできませんでしたが、班長さんと参加者の皆さんのおかげでなんとか無事一日終えられました。ありがとうございました。

 

【感想】64期 榎 浩之

岩の初級者講習ということで、即申し込み、楽しみにしていました。(行ったことのない金毘羅でというのも楽しみでした)

結論から言うと、こんなに近くに、こんなに面白そうな遊び場があるなんて今まで知らなかったのが勿体無いと思いました。

実際の外岩が舞台ということで、聞いたことを即試せる環境であり、今まで細切れに聞いてきた内容を整理し、理解し直す良い機会になったと思います。結局終点の支点作りとか、まだまだわかっておらず、自信を持ってできないことも多数ありますが、この近くの岩場を活用して、今後技能を高めていけたらと思いました。

とにかく今日教わった結び等基本を身体に覚えこませるよう練習に励みます。

 

【感想】64期 梅木一利

本日の岩トレではみなさんの足手纏いにならないかと不安を感じておりましたが、参加前から貴重なアドバイスを頂き、

なんとか無事に楽しく過ごすことができました。なにぶん初めての岩登り経験でしたが、いままで個人では出来なかったことであり、少し嬉しく感じております。

本日のトレーニングでご指導頂きましたことをもとに今後さらに精進していければと考えています。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

f:id:hirasankun:20211114133020j:plain

【感想】63期 尾上 実 

金毘羅の岩登り練習は私にとって4回目となりますが、次の点の「外岩でのリード、確保支点のセット、そこからのセルフビレー、セコンドのビレー」で初めての体験となり、また懸垂下降は4ヶ月ぶりで貴重な練習の機会となった。これらの安全確保のルーティーンを漏らすことなくスムーズにできるようになる事が大事であることを気づかせてくれた。実際の岩でマルチに登るにはまだまだ練習が必要と思うが、挑戦したいと思わせるような魅力ある練習会でした。

心配していた蜂の攻撃もなく(私のいないところで一部あったようだが)、晴れ一時のみ小雨の天候に恵まれ、混雑はしていたがほぼ支障なく進行ができてよかった。

リーダーや各班長担当者には大人数の参加者にも関わらず、要領よく班ごとの練習進行をして頂きありがたかった。次回の開催を切望すると共に、マルチでの岩登りを憧れるようになりました。

 

【感想】64期 赤松美樹

金比羅岩登り講習会に参加しました。事前にテキストが配布されていたのでロープワーク事前学習しましたが、本番になると出来ないという、しっかりと身についていないことがバレバレでした。
江文神社に集合しチーム分けです。私は榎さんと秋房斑でした。まず、立ち木でセルフビレイ、懸垂下降のセットの練習。下降器にもエイト環、ATC等あり特にカラビナを使ったムンターヒッチでの下降は下降器がない時に使える技術として身につけておく必要があると思いました。
その後ワイケン尾根へ移動。duckを使っての登攀やコール、ロープのさばき方などを練習しました。ザックを背負っての岩登り、コンテで登るのも初体験でした。
ワイケンの頭で懸垂下降の説明後本番です。自宅や公園での練習と違って手順を誤ると命に関わります。下降場所を2ヶ所設置、(想像していた以上に高さがあり緊張と同時に気が引き締まりました)1か所は足場が狭くセルフを取る時点から緊張しました。

懸垂下降は1回目より2回目がスムーズに出来ました。丸山先生と秋房班長がアドバイスや指摘を的確にして頂き大変分かりやすく理解出来ました。
また、ロープワークの速さ、スムーズな動きは山行時間の短縮につながる事もよく分かりました。
ロープワークや懸垂下降は一人では取得しにくい技術です。今回講習会を開いて頂き大変感謝しています。今回学んだことの練習を繰り返し、しっかりと身につけたいと思います。丸山様、秋房様、ご指導ありがとうございました。先生役として参加されたNF様、小前様、山田様、そしてメンバーの皆さんありがとうございました。

 

【感想】54期 中村恵子

丸山リーダーは普通確保なく登れるところで、物足りないかもとおっしゃっていましたが、なかなか緊張感もあり、私には面白く楽しい岩登りでした。

岩登りに関する説明もあり、よく理解できました。次回の機会には、リードで登れるようになりたいです。

短いピッチでしたが、3人一組で次々登っていくのは、チーム一丸という感じで、楽しかったです。

 

【感想】54期 NF

久しぶりの金毘羅。リーダー役になるのは初めてで少々緊張だったが、メンバーに恵まれて楽しく登れた。リードや懸垂下降のセット、懸垂の登り返しの方法など学ぶことが多い山行でした。頂上からの大原の眺めはいつ見ても美しいです。大勢をまとめて下さった丸山リーダー、ご同行いただいたみなさま。どうもありがとうございました。

f:id:hirasankun:20211114133050j:plain

【感想】52期 秋房伸一

久しぶり、といってもこれまでも知悉するほど何度も行っているわけではないのですが、金比羅Y懸尾根へ伺いました。

京都の岳人を育てた岩場、今西錦司梅棹忠夫も同じ岩に触ったのかもしれない金比羅、自分自身としては山岳会に入会して最初は、本当に恐ろしく感じた箇所を、今では何気ないふりをして、新入会員の人と一緒に進むことができるのは、幸せなことなのでしょう。綿密な準備をしてくださった丸山リーダー、参加者の皆さん、ありがとうございました。

No.3923 北アルプス横尾本谷右股から槍ヶ岳天狗池へ

2021年10月3日(日)~5日(火)

f:id:hirasankun:20211007181720j:plain

天狗池に映る逆さ槍

【場所】北アルプス 槍穂周辺

【メンバー】CL 43期 丸山 弘、63期 尾上 実 計2名

【行程】3日(日)20:00 山科駅前集合〜ひるがの高原SA仮眠

4日(月)快晴 4:00 あかんだな駐車場へ移動〜5:50 タクシーで上高地へ〜6:30 上高地BT出発〜9:30 本谷橋〜12:30 黄金平〜14:30 天狗のコル〜15:30 天狗池〜16:50 ババ平テント場着

5日(火)快晴 5:30 ババ平テント場発〜7:30 横尾着〜徳沢・明神池経由で河童橋へ〜10:30 上高地BT着〜11:30 あかんだな駐車場着〜入浴・昼食・帰京

f:id:hirasankun:20211007182428p:plain

【記録と感想】43期 丸山 弘

秋は仕事の繁忙期のため長年実現しなかった紅葉の北アルプスをようやく訪れることができた。天気は二日とも快晴。気温も上高地で10度程度と快適、紅葉は真っ盛りで、平日にもかかわらずかなりの人出で驚いたが、本谷橋からは全く人影はなく。雄大な横尾本谷カールの見事な錦繍も天狗池の逆さ槍も我々二人だけで満喫できた。

カール内はダケカンバ、ミネカエデ、ナナカマドの黄・赤にところどころハイマツの緑がアクセントになってまさに絶景。振り返れば屏風の頭から前穂、見上げれば横尾尾根から南岳の稜線が美しい。涸沢カールを囲む北穂・涸沢槍・奥穂・前穂といった大スターではないが、何より無人の静寂が贅沢だ。

本谷橋から天狗のコルまでは距離2,900m標高差900mのプチバリエーションルートなのでマークや人工物はない。ルートはシンプルで大きく間違える余地はないが天狗のコルへの登りはガスがあれば目標を定めにくいかもしれない。

カールまでの沢沿いは一カ所大岩の乗越しがあるが、ロープを出すような箇所は無い。ただし右岸と左岸を何度も行き来するので水量が多いときは難しくなるだろう。今回は数日好天が続いたので水量は少なく靴を濡らすことはなかった。

f:id:hirasankun:20211007181952j:plain

屏風の頭と前穂北尾根

カール内は低木の間を縫って草つきとガレ場を直登し一般登山道の天狗のコルへ抜ける。

コル手前の200mくらいは平均斜度約35度(野沢温泉スキー場のチャレンジコース上部くらい)のわりにガレは不安定、草付きはましだが、足を滑らせると大きく滑落しかねない地味な核心部でかなり神経を使う。

f:id:hirasankun:20211007181906j:plain

カールから見上げる天狗のコル

草付き中心に登り、最上部はハイマツ沿いの岩場を選んで稜線に出た。ある程度底の堅い靴の方が草付きでスリップしにくいと思われる。全体的に雨の後にはお勧めしないルートだ。先日の地震で浮石が増えていると思われるので落石にも最大の注意を払いたい。

もちろんテント泊禁止地域なので緊急事態に限るが、トラブルでビバークするならカール東側下部の低木帯の草地が比較的平たんで落石の危険が少ないだろう。

天狗のコルからの下りは一般登山道を一時間ほどで天狗の池に降りた。評判どおりの絶景に感動。この季節には回り道する価値ありだが、キャンプ禁止なので南岳まで登りきるにしても槍沢にもどるにしても早い時間帯に通過しないと厳しい。

我々はババ平に降りて5時前に到着。平日なのにババ平キャンプ場もほぼ満員だった。連休などはさぞ大変だったろう。

翌日は夜明けとともに出発し、途中明神池によって写真をとりながら散策気分の下山となった。

今回は尾上さんと初めてご一緒させていただきましたが、体力も余裕で話題も豊富、終始楽しい山行にしていただきました。また、朝タクシーを拾いに走っていただいた機転で日没前にテント場に到着できました。私の体力不足による亀ペースは申し訳なかったのですがどうぞご容赦ください。2日間どうもありがとうございました。

f:id:hirasankun:20211007181821j:plain

天狗のコルから槍ヶ岳方面

【感想】63期 尾上 実

バリエーションルートというものを一度は歩いてみたいと思うようになってきた折に、タイミングよく例会が発案され、調べてみると何とか小生でも行けるのではと思い参加させていただきました。

本谷橋までは一般道で登山者で混み合っていたが、本谷に入って沢を登り始めると我々二人きりになった。ここ数日雨が降らなかったので幸い水量は少なく、足を濡らすことはなかったが、そうでなければ足を濡らしたり、もっと巻道に回らなければならなかっただろう。またリーダーの定期的に先を観察する的確なルートファインディングのおかげで一度も後戻りすることもなく行けた。私はただリーダーの後をついて行くだけでよく、難しい箇所もなく、黄金平手前の小滝右側のフィックスロープ付きの大きな岩越えをするのが唯一の岩登り感覚の箇所だった。

黄金平の草原とせせらぎの楽園のような箇所からは、薄い踏み跡が有り少しブッシュ気味を越えると2,400mの広い本谷カールの底に出た。そこから目指す天狗のコルまでの300mは一望出来、ルートを見定めることができるが、見れない天候の時は手こずりそうである。最後の詰めの200mほどは傾斜がキツく、砂利か低い草付きの崩れなさそうな箇所を選びながら踏んでいく、神経を使う登攀となる。最後はハイマツ脇を行き岩を越えてコルに出た。私はリーダーにひたすらついて行っただけですが。

あとは通常ルートを天狗池経由で下るのみだった。

このバリエーション部分は沢登に等しい感じで、ゴム底の沢登シューズで行けば濡らしてもよく、最後の詰めも滑りにくく歩きやすかったのではと感じた。

黄金平の地点でもう結構疲労が蓄積してきており、天候も良く紅葉の景色も最高の2人じめ状態で、ここでゆっくりしてはと思っていたが、リーダーの本日中にババ平に到着するという意思に負け、小休止後に天狗のコルに向けて急登に臨んでいった。この時はリーダーの固い決意と粘り強さに敬服した。

お陰でビバークすることなく、明るいうちにババ平に到着でき、次の日は散策を楽しみながら早く帰ることが出来た。私一人なら途中でビバークしていたと思う。

丸山さんには経験豊富な知識で色々ご指導いただき、テント就寝中には顔に足を投げ出したにも関わらず優しく追いやって下さったりと気を遣っていただきました。お陰で楽しい山行でした。

 

No.3922 四国剣山より三嶺へ

2021年9月18日(土)~20日(月)

f:id:hirasankun:20211012190716j:plain

剣山 山頂

【メンバー】CL土井司、SL高橋秀治、加藤一子、鹿嶽眞理子、TW、橋本満理子、榎浩之 計7名

【行 程】9月18日(土)曇り 御池ロッジ前16:00 ― 18:30びんび家(鳴門市)19:30 ― 21:00道の駅みまの里(仮眠)

19日(日)曇り 道の駅みまの里5:30 ― 6:30見ノ越(1車輛名頃駐車場へ回送)7:45 ~ 8:35リフト西島駅 ~ 9:25剣山 ~ 10:25次郎笈 ~ 12:00丸石 ~ 13:30高ノ瀬 ~ 15:10平和丸 ~ 15:40白髪避難小屋(泊)

20日(月)曇り 白髪避難小屋5:20 ~ 6:15カヤハゲ ~ 7:15三嶺 ~ 7:35三嶺ヒュッテ7:50 ~ 8:40ダケモミの丘 ~ 10:00名頃駐車場(1車輛見ノ越より回送)10:45 ― 11:30秘境の湯(入浴)、道の駅にしいや(食事)13:00 ― 13:15祖谷のかずら橋13:50 ― 18:00京都

f:id:hirasankun:20211015165741j:plain

【記録と感想】56期 土井司

2年前雪の剣山へ登った際、ガスの中に一瞬次郎笈が顔を出し感動した。その次郎笈より先三嶺までの縦走路が更に素晴らしいと聞いて歩きたいと思っていた。笹原の道がほとんどなので夏場は敬遠し少し気温が下がるこの時期に実行した。

18日(土)この日は四国までの移動のみ。だんだん夜間の運転が苦になってきたので明るい内の移動とおいしい魚を狙い、16時に御池ロッジ前に集合し鳴門の人気店である「びんび屋」へ向け出発する。途中、明石大橋と鳴門大橋の姿に心を奪われ四国へと渡る。びんび屋に着くとさすが人気店だけあり駐車場はほぼ満車、少し待たされ座敷に通される。各々の注文とは別にみんなで分け合う一品物としてオリーブ鯖の造を注文する。少し高価だがこれが絶品。本来ならビールも注文したいところだが、これから1時間の移動があるのでグッと我慢する。

f:id:hirasankun:20211012190637j:plain

オリーブ鯖

大満足の食事を終え本日の就寝場所である「道の駅みまの里」へ向かう。途中コンビニで明日の朝食、今晩の寝付け酒を買う。「道の駅みまの里」は開業してそんなに経っていないのかGoogleマップにはまだ載っていない。しかし、知っている人は知っていると言うことで仮眠目的の車が数台止まっていた。暗がりを探し女子用と男子用のテントを張った。その脇で就寝前の乾杯をおこない、他の仮眠者の迷惑にならない程度で終了し睡眠についた。

19日(日)4時過ぎに起床し朝食をとり5時30分見ノ越へ向け出発する。起床時点では一面に星が輝いていたが、出発時には雲が覆ってきて目的地方面は完全にガスってきた。「てんくら」では19日20日共にAであり台風一過の晴れを確信していたが、道中では小雨に会い山行が心配になる。

見ノ越に到着し全員を下車後、車1台を名頃駐車場へ回送する。名頃駐車場は三嶺の登山口になる駐車場で20台ほど停めれる駐車場であるが、すでに満車でかろうじて1台空いておりラッキーであった。まだ朝7時だというのにこの台数とは人気の高さがうかがえる。見ノ越へ戻りいよいよ剣山へ向け出発する。まずは階段を上り劔神社へ安全登山祈願をして神社横の登山道を進む。1時間弱でリフト終点の西島駅に到着するがガスっていて何も見えない。2年前に来たときもガスっており、その時と同じ景色(ガスだけ)が目の前に広がる。更に30分登り劔山本宮劔神社に到着。ここでも安全登山のお祈りとグッズを買うメンバーもおり、しばし休憩。ここから5分弱のところに山頂があり到着するも一面白の世界。心眼でこれからの縦走路を確認後次郎笈へと向かう。少しづつガスが晴れ先の登山道が確認できるようになり、次郎笈山頂直下では時折青空が顔を出し山頂の人の姿が確認できた。1時間弱で次郎笈に到着。ガスが引き出し遠くの山々が見えるようになってきたが、相変わらず剣山はガスの中。結局今回の山行では剣山の山頂を拝むことはできなかった。軽く食事をとり次のピークである丸石を目指す。

次郎笈を下り縦走路と交わった箇所を剣山に少し戻ったところに水場があるとの事なので夕食用と行動用の水を汲みに行く。本来の水場はほとんど枯れかかっており染み出しているといった具合。すれ違った登山者に聞くと、更に剣山寄りに戻ればもう少し出ている箇所があるとの事でそちらへ向かう。そこに到達したがそこは湧き水ではなく斜面にできた沢の開始地であった。しかたなくそこで水を汲むことにするが皆は煮沸しないと飲めなく夕食用にしかできないと言っていた。私はそんなことにはあまり気にしないが、最初の染み出している水場で汲み、そのまま飲んだりした。どうしてそんな箇所で水を汲んだのかというと、宿泊地である白髪避難小屋の近くにも水場があるが、50mほど下らなければならず結構しんどいと他のひとのブログに載っていたので楽な取水地を選んだのである。

丸石迄の縦走路は笹原で眺望抜群であり、とても広い野原のような道が続く。もうガスはなく遠くの山を見渡しながら歩く。時折通り過ぎる風が気持ちいい。この歩きを期待していた。途中進行方向にオレンジの派手な衣服を着た人が目についた。進んでいくと同じ衣服の人が点々といる。何かの調査をしている人かと思ったが側を通った際よく見ると鉄砲が見えた。話を聞くと鹿の猟をしているとのこと。わざわざ連休の登山者が多いときに猟をして弾が飛んでくるようなことがないとも限らなく、日を外せばいいのにと思ったが、あちらにはあちらの事情があるのであろう。

f:id:hirasankun:20211012190806j:plain

丸石より次郎笈を振り返る

丸石でしばし休憩してから先へ向かった。すぐ先に避難小屋があると思っていたがなかなか現れない。30分近く進むと樹林の中から現れた。中をのぞくと、そこそこ綺麗な小屋であった。しかし樹林の中で日当たりはよくないので湿気がきついかもしれない。丸石から高ノ瀬までは樹林帯となる。長い縦走路の中で時折樹林の中を通ることはあるが、ほとんどが笹原のような道で景色が広がらないのはこの区間だけである。丸石避難小屋を過ぎ高ノ瀬を目指す。山頂手前に水場の案内板があったが道は藪になっており期待するほど湧いているとは考えられず、やはり次郎笈直下で水を汲んでおいてよかったと思った。高ノ瀬で小休止、ここまで6時間弱歩いてきた。本日の目標地である白髪避難小屋はまだ先である。きついアップダウンはないとはいえ縦走なのでそれなりの上り下りはあり、少しずつ皆の顔に疲労感が表れてきた。更に進み平和丸までくるとようやく明日目指す三嶺が見えてきたが残念ながらこちらも頂上部はガスがかかっており、ピークの形が分からない。

f:id:hirasankun:20211015170705j:plain

次は平和丸へ

平和丸を過ぎ短い樹林地を抜けると広く平らな笹原にぽつりと白髪避難小屋が立っていた。本日歩くのもこれで終了である。周りの平地には10程のテントが張ってあり、本日の山行では我々を追い越していった登山者はほぼいなかったことから思うに、そのほとんどは三嶺を越してきた人達と考えられる。

f:id:hirasankun:20211012190831j:plain

白髪避難小屋

小屋に入ると隅にちょっとした荷物があり、先着者の物と思ったがその後誰も現れずこの日は我々の貸切になった。少し休み夕食用のお湯を沸かす。今回は個食としたので湯煎が必要なもの、お湯を注ぐものと様々な食べ物を持ってきており皆の食事を比べるだけでも楽しい。鹿嶽さんが持ってきた(担いだのは榎さん)日本酒、高橋さんのウィスキー、私の日本酒をたしなみながら夕食とする。小屋には我々しかいないので、気を遣うこともなくそれぞれが持ってきたあてをつまみながら会話を楽しみ、ゆったりとしたスペースで就寝した。

f:id:hirasankun:20211015170454j:plain

至福の夕べ

20日(月)4時過ぎに起床。それぞれの朝食を摂り5時半前に出発。テントでないので片付けに時間を取られない。これから向かう三嶺の山頂が良く見える。雲一つ無くピーク到達が楽しみであったのだが・・・。東の空が朝焼けで美しい。しかし剣山だけは相変わらずガスがかかっている。各々朝焼けをシャッターに収め三嶺に向かった。30分強歩きカヤハゲへの登りでガスが湧いてきて山頂からの展望は微妙な状況となる。三嶺の山頂直下は急登で鎖場もあり、これまでのなだらかな縦走路とは打って変わり厳しい登りが続く。避難小屋から2時間ほどかかり三嶺山頂に到着するが、またもや一面白の世界。ガスが晴れるのを待つが願い空しく諦め山頂を後にする。

少し下ったところに池がありその側に無人三嶺ヒュッテがあった。まだ新しい2階建てのそれは綺麗な小屋でトイレも隣接している。利用するにはこちらの方が良いと思うが、ただこれほど綺麗な小屋であれば相室になったであろうから、白髪避難小屋は貸切になりそれはそれでよかった。三嶺ヒュッテを後に急な斜面を下っていく。やがて樹林帯となりブナ林やダケカンバやモミの林であるその名もダケモミの丘を通り2時間半ほどかけて名頃駐車場へ下山した。この登山道は明るく気持ちの良いところで、新緑と紅葉の季節は素晴らしいだろうなと想像しながら長い道を下って行った。名頃駐車場に到着し見ノ越へ車を回収しに行く。名頃に戻りここから1時間弱走った祖谷温泉秘境の湯で入浴、となりにある道の駅にしいやで祖谷そばを食し、祖谷のかずら橋を観光して帰路についた。今回は次郎笈までと三嶺での眺望はかなわなかったが、縦走路は素晴らしい景色の中の歩きであり、目的の7割は達成できた。新緑か紅葉時にもう一度行ってみたいと思うが、その際はピークからの眺望も楽しみたい。

例会に参加いただきました皆さんのおかげで山行をより楽しく盛り上げることができました。楽しい夕べと素晴らしい景色も共有できありがとうございました。また、Wさんには帰路でお疲れのところ運転していただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。今回食事は個食としましたので皆さんの感想に夕食メニューを付け加えていただきました。今後の山飯の参考になればと思います。なお、土井のメニューは「うな丼とフリーズドライ赤だしなめこ味噌汁」でした。

 

【感想】57期 TW

四国随一と言われる剣山〜三嶺縦走コース。あいにくの空模様で、剣山や次郎笈三嶺の雄姿、その間を繋ぐ美しい稜線は一瞬だけしか見られませんでしたが、ずっとガスに包まれた真っ白な山容というのも、また神秘性が感じられ、良かったように思えます。期待していた景色には遭えませんでしたが、2日間の山旅は、四国の深山ならではの魅力に溢れていました。

高ノ瀬から見た広い笹原と行く先に伸びていく稜線の爽やかさ、三嶺下のダケモミの静かな樹林帯、笹原の中に突然聳え立つ巨岩類なども大変素敵で、また紅葉の時期に来てみたいと思います。

久しぶりの例会と縦走に緊張していましたが、優しいメンバーの皆さまのおかげで、2日間楽しく過ごすことが出来ました。山も、『びんび屋』も、前夜泊でのプチ宴会も最高でした。

色々とご準備くださった土井リーダー、ご一緒いただいたメンバーの皆さま、どうもありがとうございました。

〇晩ごはんメニュー:角煮丼と、野菜のお味噌汁

 

【感想】64期 榎浩之

2年前にジロウギュウから丸石方面を眺め、「いつかは行ってみたい」と思っていた稜線歩きルートの山行ということで、ありがたく参加させて頂きました。

台風一過ということで、どピーカン晴れを期待していましたが、そうはならず、晴れたり、ガスったり、時雨たり。でもジロウギュウ-丸石-高の瀬-避難小屋の稜線では晴れ、遠くまで続く笹原の景色を楽しむことが出来ましたし、巨岩やダケモミ林、幾重にも重なる四国山脈の稜線、赤紫のコガネムシ等、四国の山を楽しむことが出来ました。

また、前夜泊宴会から小屋宴会(避難小屋貸切!)では会の皆さんのお話を伺うことが出来、笑いあり、学びありの山行を楽しませて頂きました。次の例会までにカレーメシの作り方をマスターするよう、頑張ります。

色々と準備頂いた土井リーダー、結局車を最後まで運転頂いた高橋さんはじめ、皆さんお世話になり、ありがとうございました。

 印象に残った晩御飯、勝手にランキング:

1.結構歩いた気がしますが、体重減らしを邪魔した「豪華うなぎ飯」

2.温泉卵への愛を感じた「豚トロ丼」

3.失敗カレーメシを横目に、なんだか色んなアレンジが加えられてそうな「ハヤシメシ」

〇晩ごはんメニュー: ご飯継ぎ足しカレーメシ(ミックスビーンズ追加)

f:id:hirasankun:20211012190926j:plain

早朝の三嶺

【感想】22期 加藤一子

剣山に登りたいと思っていたところ、偶然にこの例会を見つけたので早速参加の申し込みをしました。ですが、当日になると久しぶりの遠出のワクワク感はあれど、この所の体力減退への不安で心配しながら家を出ました。

台風一過の晴天のつもりが、登山口から雲行きがよろしくなくて、結局剣山の山頂はずっと濃い雲の中でした。少々残念でしたが、晴れたり曇ったりの思わせぶりの天気の中、広々とした笹原を歩くのはとても心地よく幸せな気持ちになれました。白髪避難小屋での夕食会もカビ臭い匂いを忘れるほど楽しく過ごせました。オマケに、びんび屋とかずら橋も計画に入れてくださり、前菜とデザート付きのフルコースという感じで、計画してくださったリーダーと親切にしてくださったメンバーの皆さんにとても感謝しています。 

〇晩ごはんメニュー:パパッとライス(15分間湯煎は少々難)、ポトフ(レトルト、とてもヘルシー)、サバカレー缶(とても美味) 

 

【感想】53期 高橋秀治

石鎚山からはるか向こうまで続く山並みを観た時に、失礼な言い方ではあるが四国にも素晴らしい山々があると認識し、いつかはそれらに登りたいと思いました。しかし、その後足を伸ばしても鳴門止まりでした。

ようやく今回、四国No.1と言われるコースを歩く事が出来ました。見ノ越登山口から剣山(太郎笈)までは余裕、次郎笈までは何とかまだ余裕、白髭(しらが)避難小屋に着いた時は戦意喪失。本日の歩行時間は8時間余り。翌日は三嶺(みうね/さんれい)までは余裕、名頃登山口に着いた時は脚が痛い。4時間余り。

そして、天気予報では晴れと表示していましたが、途中からガスが出て来て、青い空にどこまでも続く笹野原は白い世界の中でイメージしながら歩きました。しかし、時折顔を出す青空の元に見える景色に一喜一憂しながらの県境尾根を20キロ余りを歩く事が出来ました。特に剣山から続く笹野原の稜線歩きには感動し、三嶺頂上直下の巨岩をまくクサリ場通過では緊張の連続、その後のダケモミの樹林帯では森の深さを満喫したりと、祖谷の秘境感満載の素晴らしい山行きでした。

山良し、メンバー良し、企画良しの、にぎやかな楽しい充実した例会でした。

土井リーダーをはじめご一緒頂いた皆さんありがとうございました。

〇晩ごはんメニュー:豚トロ・温泉卵・コーン混ぜ丼

f:id:hirasankun:20211012191003j:plain

丸石を目指す

【感想】54期 鹿嶽眞理子

剣山から次郎岌までは何度か行っており、そこから続く美しい笹原を縦走するのはずっと憧れでした。

台風一過の晴天のはずだったのに、ガスが出て、剣山山頂では全く景色が無く、その後も結構ガスが出てていましたが、おかげで割と涼しくて助かりました。アップダウンの続くロングコースなので、体力がちょっと心配でしたが、先頭を歩く榎さんの歩調が凄く歩きやすくて、無事頑張って歩き通すことができました。午後からはガスもだいぶ減って景色も見えてきて、美しい稜線もかなり見え、剣山もちょこっと顔を出してくれました。

白髪避難小屋は、最初中に入ったときは黴臭くて、埃っぽくてちょっと残念でしたが、我々だけの貸し切り(外には20張りほとのテントが並び、大賑わいなのに)で、慣れてしまえば結構快適でした。皆がそれぞれ持ってきた夕食を食べ、その後はお酒とつまみで話が盛り上がり楽しい夜でした。

翌日は三嶺に登り、そのあとは下山だけで楽勝と思っていましたが、最初は結構激下りで、その後緩やかになってくると美しいダケモミの林が素敵でしたが、なかなか長い下りでこの日も結構歩きごたえがありました。次は是非天気の良い紅葉の時にまた訪れてみたいです。

土井リーダー、ご一緒くださった皆様、ありがとうございました。

〇晩ごはんメニュー:ゆず仕立てうどん(即席)+魚肉ソーセージ+塩きゅうり1本

 

【感想】57期 橋本満理子

2日間お世話になりました。台風の心配がありましたが、みなさまの日頃の行いパワーで快適に歩くことができました。

当日、晴天の天気予報ではありましたが剣山の標高ではガスがかかり、残念ながら次郎笈へ続く稜線のコースを見晴らすことはできませんでしたが、それもまた神秘的な四国の山並みを見ることができ、大変感動いたしました。平家物語が好きな私は四国への思い入れがあったりして落人たちが、険しく深い山の中に入っていったときの情景等を勝手に想像し、感慨深い思いに浸っておりました(*´∀`*)

稜線に樹林帯、岩の多い箇所、熊笹の道・・・色々な顔を見せてくれる剣山系は、時に息が上がるような登りも続きつつ、それでも「はぁ、やっぱりいい山だな~」と言う言葉に行きつきます。途中、熊笹の道は若干、道が細く結構メンタルやられましたけども(笑)

利用した白髪避難小屋は貸し切りに。今回は個食でのディナータイムとのこと。前回の穂高とは異なり、今回は荷物をもったまま縦走しなければならないこともあり重量削減に重きを置き、迷ったときは即軽量!!よって食料も乾燥もので行きましたが…それでもやっぱりみんなの荷物の方が軽い。それなのにみなさん、食へのこだわりが半端なく(笑)豪勢なものや凝ったものを召し上がっておられびっくりです。先輩方のさすがの発想が大変勉強になりました。

翌日の三嶺。登りはなかなかの急登ぶり。その分なかなかの下りっぷり。コースタイムは短いものの、太ももの活用頻度が上がりもう少し長かったら膝が崩壊しておりました。無事下山できてほっとしております。まだまだ四国の山は行ってみたいところがありますね。帰路、祖谷のかずら橋であわあわし、ご当地食をいただき無事に帰着。

土井リーダー、企画ありがとうございました。ご一緒してくださったみなさまありがとうございました。

〇晩ごはんメニュー:スープカレー飯を横目に(笑)自宅で巧妙に湯量の計測練習を重ねた「ハヤシ飯」をいただきました。チーズ入れれば良かったな。

f:id:hirasankun:20211012191032j:plain

ダケモミの丘 付近

No.3917 奥穂高岳&北穂高岳山行

2021年7月21日(水)夜~24日(日)

f:id:hirasankun:20210821213639j:plain

北穂高岳山頂

【メンバー】CL土井司、SL高橋秀治、橋本満理子、木内真佐子 計4名

【行 程】7月21日(水)晴れ 京都JR桂川駅21:00 ― 24:30道の駅ななもり清見(仮眠)

 22日(木)快晴、夕方一時雨 道の駅ななもり清見5:00 ― 6:00あかんだな駐車場 ― 上高地7:00 ~ 8:00明神 ~ 9:00徳沢園 ~ 10:00横尾 ~ 11:30本谷橋 ~ 13:45涸沢(幕営

 23日(金)快晴、夕方一時雨 涸沢4:30 ~ 6:00北穂南陵取付 ~ 7:30北穂高岳8:15 ~ 9:45涸沢のコル ~ 11:00涸沢岳 ~ 11:15穂高岳山荘11:50 ~ 12:15奥穂高岳12:30 ~ 13:00穂高岳山荘 ~(ザイテングラート) 15:00涸沢(幕営

 24日(土)快晴 涸沢6:00 ~ 7:15本谷橋 ~ 8:20横尾 ~ 9:30徳沢園 ~10:30明神~ 11:30上高地 ―12:15あかんだな駐車場 ―(入浴・食事)19:00京都

 

【記録と感想】56期 土井司

従来からの念願であった北穂高岳涸沢岳を歩きたく例会を企画した。2年前テント装備でこの間を抜けようとしたのだが、北穂高へ登る際南陵取付きで両足がつってしまい断念。今回は涸沢にテントを張り軽量装備にしてリベンジした。

22日(木)

いつも通り「あかんだな駐車場」に車を停め上高地行きのバスに乗車しようとしていたところ、タクシーの運転手さんが特別料金の5,300円にて行くと売込みにきたのでそれに乗っかり上高地に到着する。コロナ禍で早朝にもかかわらずたくさんの人にビックリ(自分たちもその中の人ではあるが)。靴ひもを締めなおしてまずは明神へ向け出発。途中、河童橋から岳沢・奥穂高がきれいに見えておりパシャリ。帰りはガスっている恐れがあるので先に写真に収めておく。河童橋から先は幾分か人が減ったのでマスクを外し歩くことにする。

f:id:hirasankun:20210821213319j:plain

上高地より奥穂高岳

雲一つなく素晴らしい山々を見ながら明神・徳沢を過ぎ横尾に到着する。橋本さんは上高地より先、高橋さんは徳沢から先は初めてということで素晴らしい景色が両名を迎えてくれていた。

横尾に着く手前でなんと梅村さんと出会う。表銀座・槍に行ってきてこの日は松本に泊まり、その後笹ヶ峰から火打岳へ向かうという。この日が4日目ということであり、さすがに少しやつれて見える。お互いに登山の無事を声掛けし別れる。

横尾の先から登山道に入り、本谷橋から先が本格的な登山道が始まり急登になる。小刻みに休みながら涸沢へと向かう。最後の休憩後橋本さんが先頭に歩いたのだが、早い!おいて行かれそうになりついていくのに必死であった。涸沢ヒュッテに到着して即ビールを飲みたかったが、グッと我慢してテント場の確保をおこない設営してから穂高連峰を眺めながら乾杯した。

f:id:hirasankun:20210821213551j:plain

涸沢テント場

23日(金)

昼過ぎから雨の予報であったので予定より早出にした。北穂高への上りは急登で始まる。今回の装備は日帰りで軽量であるがそれでも結構きつい。2年前はここを炎天下にテント装備で登ったのであるが、今から思うとよくそんな計画を立てたものだと思う。途中休憩しながら1時間半程で南陵取付きの下に着く。気持ちを整え鎖とハシゴを継いで南稜に取り付く。ここから先は岩稜をジグザグに登っていく。左には涸沢カール、右にはゴジラの背(北穂東陵)を見ながら高度を上げていく。いつかはゴジラの背を通って北穂高小屋にたどり着きたいと思っていたが、それはもう体力的に無理であることを今回南稜を登っていて実感した。さらに1時間半程登りようやく北穂高岳に到着する。槍ヶ岳常念岳、滝谷、遠くは鷲羽岳等など素晴らしい景色が360度に広がっており、辛かった登りを忘れさせてくれた。北穂高小屋に下りここでゆっくり休憩する。

小屋のテラスで槍ヶ岳や大キレットを眺めながら注文したコーヒー(インスタントではありません)を味わった。このシチュエーションでのコーヒーは最高に美味しかった。たっぷり休憩した後、今回のメインである涸沢岳への縦走路へ向かった。

南稜の分岐を右に登る。一旦少し登りすぐ切れ落ちた岩場を下る。数百メートル切れ落ちた光景がいやでも目に入る。反対側からやってくる人とのすれ違いもギリギリの場所を選びやっとのことで交差する。緊張感が高まる。

f:id:hirasankun:20210821213724j:plain

滝谷側へ降りる

細かいアップダウンを繰り返し少し広めのところで休憩。ようやく緊張感を緩められた。しかし涸沢岳まではまだ半分強残っている。涸沢のコルを過ぎると鎖とハシゴが連続する250m程の登り一辺倒。滝谷ドーム近辺程の緊張感はないが油断はできない。長く急な斜面を登りきりようやく涸沢岳に到着。山頂での休憩はそこそこにして穂高岳山荘に下る。ここで高橋さんと橋本さんを残し木内さんと二人で奥穂高岳へ向かう。山荘での休憩中にガスが湧き奥穂高岳に着いた時には周囲は何も見えなくなってしまった。早々にお二人が待つ山荘に戻り、雨が降りだしそうだったのですぐに涸沢へと降りることにした。

f:id:hirasankun:20210821213759j:plain

穂高岳山荘にて

ザイテングラートを下っている途中で雨が降り出したが、大雨には遭わずに何とか涸沢小屋にたどり着いた。ここで生ビールを注文し小屋のテラスで乾杯しようとしていたら、一気に雨が強まり結局立ち飲みになってしまい1時間近くの雨宿りを余儀なくされた。

 24日(土)

最終日の朝も良く晴れて雲一つない天気であった。この日は下るだけであったのでゆっくり寝ていられたが、涸沢周囲のモルゲンロートを見るため早起きした。待つこと約30分、常念岳方面が明るくなってきた、奥穂高岳から色づいてきて涸沢岳北穂高岳、昨日歩いた稜線も赤く染まってきた。徐々に色が濃くなりまさに「山が燃える!」そのような表現がぴったしな情景となった。素晴らしい!その後朝食をとり、テントを片付け、後ろ髪をひかれながら涸沢を去った。希望としてはパノラマコースを通って下山したかったのだが、残雪が多く通行止めになっていたのでやむなく登ってきた道を下った。

f:id:hirasankun:20210821213902j:plain

燃える涸沢岳と涸沢槍

今回は夕立はあったが天気もよく、念願の北穂・涸沢岳間踏破、涸沢でのモルゲンロート眺望と願っていたことが叶えられ、更にご一緒いただいた皆さんのおかげでより素晴らしい山行となりました。高橋さんのすき焼き、木内さんの肉味噌麻婆豆腐、橋本さんのコーヒー等などどれも大変美味しゅうございました。また、どこかの山でご一緒できればと思っております。ありがとうございました。

 

【感想】53期 高橋秀治

上高地から延々と歩き、やっと涸沢に到着。お決まりのテラスで乾杯。そこから見える壮大な風景にさらに乾杯。何杯も飲んでしまいしそうな気分になる。そして、すき焼きに日本酒で何度目かの乾杯。ここがどこかを忘れてしまいそうになるが、上を見上げると暮れていく岩壁の稜線を眺めて酔いが醒める。

今まで何故ここを訪れる事がなかったのか不思議な気分で翌朝を迎えた。いきなりの急登を登り、北穂高岳に到着した頃にはへとへとになる。これからの岩稜歩きを考えるとこれ以上は無理をしない方が良いのかと自問自答をする。しかし、北穂高岳小屋のテラスで大キレットから上がって来られた女性パーティの高揚感を横で感じ、進む事を決めた。このルートは最近でこそ鎖等が整備され一般ルートになっているとの事であるが、緊張の連続である。しかし、飛騨側の切れ落ちた高度感で気分は高揚してくる。だから達成した時に癖になる。

やっと涸沢岳に到着。今度はヘロヘロである。翌日もボッカして上高地まで降りる事を考えて穂高山荘テラスでまったりとした時間を過ごす。ザイテングラードを通過する途中から雨が降り出し鎖をつかむと滑る。無事小屋に到着して、テラスで乾杯をしようとしたら、どしゃぶりの雨。軒先で雨宿りしながら立ち飲み。ようやく小止みになりなりテン場にもどり、今夜は肉味噌麻婆春雨で歩いた稜線に乾杯。

今回、何回乾杯したかはわからないが、土井リーダーをはじめ、メンバーの皆さんや天候にも恵まれ、さらに適度な緊張の連続等の素晴らしい山行きとなり、ありがとうございました。

最後になりますが、北穂高小屋に泊り、大キレットを進み槍まで縦走する事や、残雪期の奥穂高岳登山の妄想に乾杯です。

f:id:hirasankun:20210821214031j:plain

穂高小屋から槍ヶ岳と大キレットを望む

【感想】64期 木内真佐子

涸沢には何度か行っているもののそこから上に登ったことがなく、去年はコロナでなかなか計画出来ず行けそうになったら雪が降ってしまい、今年こそは!と思っていたら例会でこの山行があり、願ってもないチャンスとばかりにすぐにリーダーの土井さんにコンタクトし参加させていただきました。

連休初日は涸沢でテント泊、夕食は高橋さんに用意していただいたすき焼きに舌鼓を打ちました。予報通り夕立があり急に寒くなりました。テントは初対面の橋本さんと一緒でしたが、緊張感もなく疲れからすぐに寝てしまいました。

翌朝は4時半に出発し長い一日でした。北穂高岳山頂からは360°の絶景を堪能出来ました。高所が苦手なため北穂から涸沢岳への難所をYouTubeで予習してビビっていましたが、先頭の高橋さんについて行き、最後尾には土井さんがいるので落ち着いて進むことが出来ました。コルまで激下ってから何度も偽ピークに騙されて涸沢岳に着かないのが辛かったです。

穂高岳山荘に到着する頃には雲も多くなり、休憩してるとガスが沸いて来たので、土井さんについて奥穂高岳ピストンしました。山頂ではガスガスで真っ白でしたが、来れたことに感謝して手を合わせました。雨がポツリポツリと降り出す中、疲れた足でザイデングラードから慎重に下山しました。夜は高橋さんから司令のあった肉味噌を作ってきたので麻婆春雨にして食べました。翌朝は天気もよく観光客でいっぱいの上高地経由で無事帰途に着きました。

土井さん、高橋さん、橋本さん、3日間ありがとうございました!

f:id:hirasankun:20210821214309j:plain

奥穂高岳山頂

【感想】57期 橋本満里子

憧れの穂高。ここまでの岩稜歩きの経験もなく不安しかありませんでしたが、当日は天候にも恵まれとても充実した山行となりました。

穂高への登りはきつく、相当ばててしまいましたが山頂からの絶景で少し回復。まだこの先長しです。気を引き締め直して出立。でも、体辛いなぁ・・・。

事前に、北穂高から涸沢岳のルートは気を抜けないこと、その時間も比較的長いことを聞いており常に「こう言う時の全集中!」と言い聞かせ、安全第一で挑みました(ものすごく腰が引けてましたけど)。おかげで?目前の壁、行く先 上方のルートを見るのに必死で自分の背面がどうなっているのか考えにも及ばず(正確には少しは気になりましたけど)。何よりも、先輩方より的確なご指導をいただき、恐怖心にとらわれることなく安全に進めたと思います。後に写真を見て、怖さ倍増です。

涸沢岳終盤のハシゴからのクサリ場で、前を行く方々がハシゴを上がり、その後姿が消えていくのが不思議で下からぼんやり眺めておりましたが、自分が行ってみて納得。ハシゴの終わりからクサリ場が後ろにまわり込んでいる・・・。そんなのありか?! と一瞬、笑えてしまいました。涸沢岳山頂に着いたことにも気付かない疲弊ぶりでしたが、少しほっとした山頂到着でした。

今回は、若干の山酔いでテン場に着いてからずっと具合が悪くとうとう奥穂高への登頂はあきらめざるを得ませんでした。無念ですが、自分の準備不足!帰宅後、みなさんの写真を拝見して「絶対 奥穂高いくぞぉ~!!!」と既に意気込んでいる始末です。夕飯の共同食も多くは食せませんでしたが、絶品。準備していただき本当にありがとうございました。

3日間、ご一緒させていただき素晴らしい経験をさせていただいたこと感謝しております。また、いつもあたたかく見守ってくださっている会のみなさまへも感謝しております。本当にありがとうございます。

f:id:hirasankun:20210821214342j:plain

滝谷ドーム手前をトラバース



 

No.3904 春の六甲山の山歩き ~有馬を目指して~

2021年4月3日(土)

f:id:hirasankun:20210503182812j:plain

「山」と「峰」を手で隠すと、「六甲最高」になるみたいです

【メンバー】CL KY、SL KK、辻春見、山田俊男、FT、尾上実 計6名

【行 程】4月3日 晴れ曇り 阪急芦屋川駅9:00~ 9:40高座ノ滝~10:30風吹き岩~11:10 雨ヶ峠~12:00一軒茶屋(昼食)12:40~13:00六甲山山頂13:30~15:00有馬温泉「金の湯」16:00温泉街散策~18:00解散

 

【記録と感想】62期 KY

六甲山に足を踏み入れたのはいつぶりだろう。私の記憶に残っているのは、7~8年前くらいに摩耶山に登ったときのこと。それ以前の記憶はなく、「人気ルートを歩いてみたい!」と思い立ち、六甲山の山行計画を立てました。芦屋川駅近くには桜が咲き乱れており、登山口までの街歩きを楽しませてくれていました。

さて、登山道にはたくさんの登山客が。さすが休日、そして人気ルートです。岩場あり、緩やかなハイキングの道があり、少し急な登りがあり、様々な表情を見せてくれる登山ルートは、登りごたえばっちりでした。いつも難しい山行をこなされている方たちばかりだったので、「ペースはゆっくり過ぎないかな?」「退屈だったりしないかな?」と、変な心配をしていましたが、終始楽しそうな皆さんの様子を見ていてホットしました。山の話、哲学の話、グローバルな話など、山行中は会話が弾みましたね。みなさんの新な一面をたくさん発見できました。

道中には、ヤマツツジや山桜が咲き乱れていて、春を肌で感じることができます。思いの外汗ばむ陽気で、下山後の温泉がとても待ち遠しいなぁと思いながら歩いていました。下山後の温泉は、予想通り最高でした。ビール、鉄板焼きも加わって、心も体も満たされて、大変満足でした。サブリーダーでサポートしてくださったKKさん、ご一緒してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

【感想】52期  KK

春のうららかな陽気に包まれて、KYさんの初リーダーポイント例会が行われました。遡ること数ヶ月前、リーダーポイント説明会で「六甲山あたりのハイキングを考えています。」とKYさんからあり、一度も行かれたことがないとのことだったので、メジャールートではあるけれど、岩に沢筋にイノシシに、いろいろな景色を楽しめるこのルートをお勧めしました。

春の桜の季節のハイキングは、とても気持ちがいいです。思っていたより暖かくて、長袖のインナーでは暑かったほど。六甲山頂では神戸港が見渡せ、すかっとしました。特筆すべきはトイレが新しくなっていたこと。これならテント泊もできるのでは…。とこっそり企んでおります。魚屋道を下る頃には、FTさんの哲学講座が始まり、人生について熱く語る山田さんに新たな一面を発見。個性豊かな皆さんとご一緒できて、新年度の追われるような忙しさから解放されたひとときを過ごすことができました。

企画してくださったKYさん、ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。

f:id:hirasankun:20210503195308j:plain

六甲山登山開始

【感想】53期 辻 春見

半年ぶり位の久々の山行。芦屋川駅に9時に集合して、風吹岩~海ケ峠~六甲山山頂~有馬温泉と約12kmのハイキング。
状況が状況なだけに、閑散としているかしらと思いきや、然にあらず…離合できない狭い山道では、渋滞も。それでもお天気はピーカンでもなく、程よい気候で、諸所の満開の桜を眺めながらののどかなハイキングとなった。
知識豊富な皆さんのお話を伺いながら、和気あいあいと楽しい時間を過ごした。
皆さんは下山後温泉に入り、軽く食べて帰る予定だったが、自分はその夜用事があったため、有馬温泉駅から帰路に着く。

久々に気分転換ができた。皆さまお世話になりました。今後ともどうぞ宜しくお願いたします。

 

【感想】62期 FT

今年のサクラは開花が早く、下界は見頃を過ぎていたが、六甲、有馬はサクラとコブシに彩られ、春爛漫の一日だった。

ロックガーデンから六甲最高峰までは、緩やかな上りがつづき、話をしながら歩くのにちょうどいい。寒くもなく、暑くもなく、楽すぎでもなく、苦しくもなく。花の色香を愉しみ、野鳥の声に耳を澄ます、何もかもが丁度いい、楽しい大人の山登り。山が好きな仲間とこんな体験を共にできるのは幸せなことだ。

下山後、温泉につかって、(感染対策に留意しつつ)ビールで乾杯。リーダーのKYさん、最高の一日をありがとうございました。また有馬に行きましょう!

f:id:hirasankun:20210503183046j:plain

六甲山山頂付近から

 【感想】62期 山田 俊男

KYリーダーが企画して下さった六甲山例会に参加してきました。今回は芦屋川から有馬温泉に抜ける人気のコース。5年前にも同じコースを歩いており、日記を読み返すとトレランする人を見て、自分も山を走ってみたいと記しています。まだその頃は四年後に出るトレランの大会で地獄を見ることなど知らないのですね。そういう意味では今回の山行は原点回帰というか、山を登り始めた頃の自分と出合う旅でもありました。普段集会でしかお会いしない方々とも交流を深めることができ、貴重な時間を過ごすことができました。山旅のゴールは有馬温泉です。汗を流してお酒を楽しむには最高の場所。お酒が入り心地良い気分になると皆さんとお別れするのが少し寂しくなりました。KYリーダー、KKサブリーダー企画から山行までありがとうございました。FTさん青空の下での白熱教室に痺れました。翻訳なさったプラトンの弁明を拝読中です。尾上さん在米あるあるネタでまた盛り上がりましょう。辻さん初見でしたが楽しくお話しさせていただきました。次回は是非酒席もご一緒できればと思っています。皆様ありがとうございました。

 

【感想】63期 尾上実

今回の例会は私にとっては4回目の六甲山となりましたが、初めてのコースでした。絶好の天候に恵まれ、桜や山ツツジも満開状態で最高のハイキングでした。六甲山山頂も初体験で、ドライブでこられた方達で混雑しているのではと思っていたのですが、ハイキングで来るようなところで、ハイカー達だけだったのでゆっくりと景色を楽しむ事ができました。大阪ドームが見え、どこに見えるかを皆んなで見えない人に一生懸命説明していた事が印象に残っています。

土曜日で天気が良く桜も見頃という事で、多くのハイカーで賑わっており、途中の階段では渋滞することがあったけど楽しい会話やいい天候で苦痛にはならなかった。またリーダーがうまくペースを考えて行ってくれたので歩きやすかったです。会話の中でギリシャ哲学のソクラテスの弁明について講習を受け、分かりやすい解釈法を話し合った事が印象深く残っています。哲学にひとかけらも興味が無かった私が早速帰って図書館で本の予約をしたくらいです。

有馬温泉に下山してからは金湯や自然に湧き出ている炭酸水を初体験でき、またお好み焼きやクラフトビールまで皆さんと楽しむ事ができました。山の景色をゆっくり見る暇がないほど皆さんとの会話がはずみ、大変印象に残るハイキングとなりました。リーダー始め皆様には会話に参加させていただき有難うございました。今後もよろしくお願いします。