京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

№3674 歩行練習/南ア/塩見岳

 2017年7月15日~16日 天候:晴

【参加者】

上坂淳一L 藤井康司 YN MK 会員4

 

f:id:hirasankun:20170718232316j:plain

【記録】上坂淳一

15日京都→飯田(昼食、買出し)鳥倉林道P()

16日鳥倉林道2:40三伏5:16~本谷山6:26~塩見小屋7:568:57塩見岳9:10三伏12:0812:55登山口~13:58鳥倉林道P帰京

15日は17:00から就寝し、早朝に出発。三伏峠の手前から明るくなってくる。本谷山から塩見小屋までは樹林帯が続く。塩見小屋の裏側にはまだ残雪があった。

 f:id:hirasankun:20170718232338j:plain

頂上直下の岩場は連休のためか少し渋滞気味。

頂上では天候も展望も良く、南アルプスの山々と富士山が見渡せた。遠望する白根三山にもわずかに雪渓が残っていた、

気温が上がる前に下山開始。順調に下り、およそ11時間半で全行程を終えた。

 

【感想】48期 上坂淳一

まったく期待していなかったのですが、道々にはゴゼンタチバナ、コミヤマカタバミ、ミヤマグンナイフウロ、カラマツソウ、シナノキンバイツマトリソウミツバオウレン、ハクサンチドリ、ミヤマダイコンソウ、ミヤマキンポウゲハクサンシャクナゲハクサンイチゲイワベンケイコイワカガミ、アカモノ、ミヤマオダマキが見られました。

大きな群落はありませんが、南アルプスの高山らしく、短い夏を惜しむかのように多くの花々が咲いていました。

駐車場付近ではヤマホタルブクロ、クガイソウオダマキが見られ、ヨツバヒヨドリにはアサギマダラが飛来していました。

天候とメンバーに恵まれて、充実した山行となりました。皆さまありがとうございました。

 

 

 

【感想】 60期 MK

のんびり3日かけて塩見岳の歩行練習だと申し込んだのに、なんだかどんどん厳しいものに変化していき、最終的に日帰り穂高か塩見に決定。

天候による判断で塩見になりましたが、意外と楽だなと言っていたのは途中まで・・下りはかなり疲れました。やはり南アルプスは山の懐が深いですね。富士山が綺麗に見られたのが御褒美でした。

御一緒していただいた皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。

f:id:hirasankun:20170718232451j:plain

【感想】 57期 藤井康司

夏の北鎌合宿に向けての歩行練習だ。23日の予定を日帰りで行くこととなったが、意図せず弱点克服のアイデアを得た。

加齢のせいか昔に比べ睡眠時間は少なくなり眠りも浅くなった。山行ともなれば、前夜を含め朝方ウトウトする程度の夜が23日は続く。睡眠不足で行動中に睡魔や疲労に襲われたりはなかったが、朝まで悶々とするのは辛い。今回もそんな調子だったが、出立は午前2時半すぎだったため、暗闇の中を2時間は歩くこととなった。

リーダーによれば一般登山道を暗闇夜歩くのは特別でもなんでもないとのこと。確かに歩行に支障はなく、涼しい分この時期はかなり楽だ。(大汗かきの自分にとって、行動中の最適体感温度は零下を下回る。)夜中歩ければ苦痛でしかない前夜泊は不要となり。翌日の行動にも数時間の余裕がでる。より風景や自然を楽しむことができるし、荷物が軽くなる上にゆっくり歩けるので、より遠くまで楽にいける。暑くなれば木陰で横になったり、沢で足を冷やしてもいい。長時間行動した結果その夜バタンキューできればラッキーだ。

3000メートル峰のピークハントが6月の比良縦走に比べても楽に感じられたのにはいくつか要因が思い浮かぶが、涼しい時間帯に高度を稼げたのは大きい。単独行でしか出来ないだろうが、近いうちに、試してみたい。

天気と同行者に恵まれて、岩稜帯の登り降りは面白かったし、シラビソの森歩きは気分最高でした。

 

【感想】60期 YN

日本アルプスは初めてで、そこで歩行練習できることも貴重だと思い参加した。

意外なテン場から午前2時起床、登山口からの足取りはかなり重く、一抹の不安を感じながら歩く。

三伏峠に着く頃には空も明るくなり気分が晴れる。頂上までの何度かのアップダウンは本当にきつかったが、メンバーの会話で気を紛らせる。晴れ渡った頂上からの眺望は圧巻で鋸岳や富士山も運よく見えた。下山もスピード下山+登り返しで結構きつく最後の方は足が棒だった。

温泉にも立ち寄り、3日の予定が2日となり1日得した気分で帰京。

ザックの調整していただいたMKさん、経験豊富な上坂リーダー、自分だけ重いザックの無駄や軽量化の必要性を教えていただいた藤井様、歩行以外にも得るものの多い山行でした。

皆様ありがとうございました。

 

№3672岩登り練習/金毘羅 岩ポイント

201772() 天候:晴れのち一時雨

【参加者】 上坂淳一L 高橋秀治 藤井康司 増川雄太 平川暁郎 TS 山形眞知子 YN MK 会員9

f:id:hirasankun:20170705180107j:plain

【記録】 上坂

8:35野村別れ~9:27ワイケンの頭(トップロープ練習)12:3513:05ワイケン尾根取付き(登降練習)13:45~江文神社~江文峠~15:20瓢箪崩山~16:15岩倉花園町

朝一番にワイケンの頭に向かったが、京大山岳部に先を越されてしまった。厚意でルートを譲ってもらい、午前中はトップロープ練習。

午後はワイケン尾根の取付きに戻り、自由に登り降りの練習をしてもらった。

2時前に黒雲が空を覆うようになり、ギアを片付けて江文神社に下る。まもなく激しい雨にたたかれる。

江文峠から瓢箪崩山を経て岩倉に下山。バス停に着くころには雨は上がっていた。

 

【感想】48期 上坂淳一

夏山山行へ向けてのトレーニング。

トップロープ、フリーの登り降り、岩倉までのハイキングと少しずつ散りばめたが、飽きない程度に切り上げたので、一つ一つは短時間の練習となった。

一日限りの練習で何が身に着いたかはわかりませんが、プロセスを共有した仲間がいることは、この夏の山行に必ずプラスになると思います。参加の皆さんも、それぞれ積極的に取り組んでいただけたことで、展望はぐっと広がったのではないでしょうか。

ビレイヤーに徹していただいた高橋さん、MKさんをはじめ、頑張っていただいた皆様に感謝いたします。

 

f:id:hirasankun:20170705180145j:plain

 

【感想】53期 高橋秀治

ワイケンの頭でトップロープでの登り降り練習後、ワイケン尾根取り付きでのノーロープでの練習では、皆さん見えなくなる上の箇所までどんどん登って行かれ、そこをまたスイスイと降りて来られる姿を目の当たりにして、アドレナリンが出まくっているなと感じられた充実した練習会でした。

参加者の皆さんが、夏山合宿に向けて真剣に取り組まれている姿に、改めて私自身も真摯に取り組まないといけないと再確認できた1日でした。

皆様ありがとうございました。

 

【感想】60期 MK

買った後にすべると教えてもらってどうしようと悩んでいた新しいアプローチシューズで参加。

ずるずる滑りまくり、上坂Lに靴のせいかなとお助け言葉を頂く程ひどい岩登りで、岩の練習になったかは疑問ですが、靴のせいではなく自分の実力がわかってよかったです。

瓢箪崩山から岩倉まで一時的大雨の中での歩きは、びしょびしょになりましたが7月例会に向けて良いトレーニングになりました。

今回も笑顔の絶えない例会、楽しかったです。ありがとうございました!

 

【感想】59期 山形眞知子

入会した時は深く考えなかったポイント制度。

シニア世代の登山ブームの中、素晴らしい制度だと思います。

もちろん若い人達と同じ様には出来ませんが、それなりに対応していただき有難うございました。

登りたい山に登るだけなら、情報が溢れている今の世の中ですからいろいろな手段があると思います。でも、せっかく入会させて頂いたのですから、少しずつでもポイントを消化して行くと、組織の一員になって行く気がします。

それに、会のお世話をして頂いている人達、リーダーをして頂いている人達への感謝の気持ちが伝わるのでは·····なんて自我自賛しています。

息子の様な若い人達とご一緒させて頂いた後のお酒の味は、何時もと違う様な気がします。

 

f:id:hirasankun:20170705180229j:plain

 

 

【感想】59期 増川雄太

ジムと違い、ホールドの状態が自然環境の影響を強く受けること、また、高度感·恐怖感があることを実感しました。また、登りは勢いでいけますが、下りの方がパワーやテクニック、冷静さを求められると認識しました。特にロープなしでは、殊更この認識を強くしました。

基本的なムーブやパワーは、ジムで「仮にここが外岩だったらどうなのか」を意識ながら身につけていきたいと思います。例会等で機会があれば外岩に出かけ、今後も経験を蓄積していきたいです。

 

【感想】 57期 藤井康司

ロープなしクライムダウンは二度目だが、前回に比べてホールドがよく見えた。技術が向上したというよりはより落ち着いて対応できたからだと思う。数十メートル、数百メートルの断崖でも同じように行動できるのだろうか。恐ろしくもあり、楽しみでもある。いつもながら上坂キャンプは実戦的だ。

 

【感想】59期 平川暁朗

4月にも訪れたワイケンの頭再び。初見のときはたいそうビビった垂壁も、2度目ならなんとなく取っつき易そうな印象を受けた。が、今回は懸垂下降ではなく、トップロープでのクライムダウン。

1本目は緊張で足がプルプルして、冷や汗かきながらなんとか下降。でも3本もやると、かかった指や置いた足に信頼を感じられ、気持ちに余裕をもって足元をのぞき込めるようになった。

壁に対する気持ちの余裕を作るという意味では、とても有意義なトレーニングでした。

 

【感想】59期 TS

縦走で岩場を通過する練習をしたいと思っていた。気になっていたことをやっとできた。

最初に上坂さんが登るのを見せもらってから、動作の解説を頂いた。本で読んでいるよりも当然良く分る。初めてワイケンの頭に来たのは2015年10月。その時は「えっ、ウソ。帰りたい···(;_:)」と心の中でつぶやく。しかし、今回は「この壁、こんなに寝ていたか?」と思った。パンチの効いた例会で鍛えてもらったお陰だ。練習の成果を本番で試したい。

上坂さん、この練習で自信が、やっと付きました。高橋さん、MKさん、ビレイをずっとして下さいました。有難うございました。

 

【感想】60期 YN

ワイケンの頭でギア類の点検後、トップロープでの登り降りの練習。こんな所登れるのかと思いつつ、登りかけるとガバが多く楽しくなって登ってしまう。

しかし降りる時は倍ほど恐い。何回も皆が登り降りすると下の方は泥がつき足場が浅い所は滑りやすくなり危険だ。ビレイされてなければ怪我をしていた。

帰りは雨で江文神社から瓢箪崩山まで歩いたがアップダウンが激しく、スイスイ行かれるリーダー達とは対照的について行くのに必死でした。練習の必要を感じた。ザックの中も濡れてはいけない物も濡れており合宿までの良い練習になった。

 

【個人山行】  沢練習「神童子谷遡行」

2019年6月24日(土) 

f:id:hirasankun:20170629235004j:plain

高見淵をリードする幸三郎さん

 

【メンバー】L高橋秀治、鹿嶽眞理子、

高橋幸三郎、土井司、若山照代会員5

【行程】624()ロッジ前630分集合神童子谷林道終点(車デポ)930分~945分スタート~入渓955分~トガ淵~へっついさん1045分~高見淵1110分~赤鍋ノ滝~釜滝2条1240分~幕営1330分~釜滝2条~赤鍋ノ滝~高見淵~林道~駐車地16洞川温泉18時京都

【天気】曇り後晴れ

【記録】53期 高橋秀治

3年前に小松リーダーのもと遡行して以来すっかり神童子谷ブルーが忘れられず、梅雨の晴れ間を願って「釜滝2条」を超えた幕営地で焼肉をしたく思い、一泊二日の企画をしました。

謳い文句は、『「関西起点 沢登りルート100」の表表紙にも取り上げられている「釜滝2条」が朝日で輝く景色を見に行きませんか?』とメーリングリストでお誘いしました。

その呼びかけが良っかたのか、鹿嶽さん、高橋幸三郎さん、土井さん、若山さんの4名が参加表明頂きました。しかし、週間予報では日曜日が曇り後雨という事で、仕方なく「釜滝2条」まで日帰りで行って来ました。

入渓地点からいきなりの泳ぎという事ですが、参加者のうち2名は泳ぎが苦手という事で「トガ淵」を通過するのにお助けロープを出しながら30分かかり、「へっついさん」に到着は1時間、「高見淵」を通過に30分とこれでは「釜滝2条」に行けるかと心配になって来ました。しかい、晴れ間が現れ、「赤鍋ノ滝」を通過する時には皆さん、たわしの使い方もマスターされ、その後はワイワイガヤガヤと遡行して、気が付けば「釜滝2条」に到着。

 

 

f:id:hirasankun:20170629235105j:plain

釜滝2条をバックに

 

そこで皆さん笑顔で各自の撮影会を済ませ、左岸をはい上がり幕営地に到着。その後思い思いの遅い昼食をとり、下山の準備万端、体力を回復し、遡行してきたルートを下るだけです。下っている途中に、「犬取谷」で釣りをされていた方が後ろから追いついてこられ、その後を一緒に付いて行けば尾根ルートを歩けるかと思い、先に行って頂きました。豈図らんや、スピードが違いすぎ、見る見るうちに姿が見えなくなり、岩に付いた足跡を辿りながら下り、「赤鍋ノ滝」手間の右岸にタイガーロープが有るのを発見。先ずは高橋が這い上がり稜線まで出ましたが、その後のルートを見極められず敗退。

「赤鍋ノ滝」を下るのは、いきなり飛び込んでその後も「高見淵」も滑り台状態で行けば良いのですが、そこまでするのも如何なものかと思いとどまり、ロープをだして慎重に下り、無事デポ地まで戻って来ました。

落ちて危ない所は無い神童子谷遡行ですが、皆で力を合わせて「釜滝2条」に浸かり最高の笑顔が見られた山行でした。

その後洞川温泉に入浴、夕食は、偶然見つけた葛城インター手前にあるトンカツに特化した「松のや」に入り、値段・味等期待以上でさらに充実できた一日でした。

f:id:hirasankun:20170629235224j:plain

へっついさん

№3668 京都外周ウォーク⑥ ~天ヶ森から花折峠を歩く~

f:id:hirasankun:20170705230316j:plain

【天ヶ森山頂で】

 

2017年6月 18 日(日)

 

【参加者】SL山本夏雄、河合美香、CL崎山康治、体験参加 李熊妍 以上、会員3名、体験参加1

【天候】曇り後晴 午後蒸し暑くなる 

【行程】小出石バス停9:15出発-国道477

号を西へ→天ヶ森登山口9:30-谷の東

の道を辿る→尾根付近10:10休憩

の西の登山道出合10:30→ナッチョ谷

への分岐11:00休憩百井からの登山

道出合11:15→天ヶ森( 813m)11:20

休憩【琵琶湖方面を眺望】11:30ミタ

ニ峠12:35【琵琶湖方面を少し眺望】休

憩·昼食⒓:50県境P81213:45

憩【琵琶湖方面を少し眺望】→P762

⒕:25【眺望なし】→P624⒕:50【眺

望なし】→花折峠15:10休憩【石碑·標

識あり】1525→国道367号出合15:50

東海自然歩道京都バス停平16:00

【歩行距離等】

歩行距離:10km

所要時間:6時間45

累積標高差(+):919m

累積標高差(-):770m

【感想】

8山本夏雄 北山の歩き山行でしたので参加しました、天が森は行くまえは確認できませんでしたので、北山1の地図を買い調べ北山クラブのトレースでトップを歩き正解でした、旧花背峠まで間違いなく歩けました、シルバーコンパスのお蔭を再認識しました。時間もリ―ダ―の計画通りでした、メンバーの皆様機会がありましたら宜しくお願いします。

56期河合美香 久しぶりに例会に参加。うす曇りでしたが、緑の中をゆっくりと歩き、リフレッシュ。時々、大きく深呼吸をして身体の空気を入れ替えました。今回は、初心忘れず、ずっと不安のあったコンパスの使い方を直々に伝授いただくこともでき(読図ポイントにはなりませんが)、実のある、楽しい山行でした。ありがとうございました。また、よろしくお願い致します。

57期崎山康治 今回のコースは小出石か

ら天ヶ森(ナッチョ·高谷山)を経て、

ミタニ峠、花折峠を結ぶ府県境の尾根

道を辿りました。          

山本SLの先導で、「大原の里十名山⑧ナッチョ(天ヶ森)登山口」の標識があり、まだ鹿の頭蓋骨が残る登山口から、山と高原地図46「京都北山」のルートで登りはじめました。1/25千地図の道よりも登りやすいルートでした。途中、尾根の南側を杉や檜の森林浴の感じで歩き天ヶ森に到着。休憩後、鹿除けネットに沿って勾配のきつい道をミタニ垰に下り昼食。雑木林を抜けて、塹壕のような落ち葉の峠道を登り県境P812で休憩。東北に折れて、アップダウンを繰り返して「花折峠」の石碑のある旧道に降りました。好天続きでヒルや虫もつかず、万緑の中、里山歩きを楽しめました。鯖寿司店を眼下にしながら食べられなかったのが残念でしたが。

 

f:id:hirasankun:20170705230343j:plain

【花折峠で】 

腰折れを2

「梅雨晴れや緑の深き天ヶ森」

「鯖寿司を食いはぐれたる峠茶屋」

 

f:id:hirasankun:20170705230413p:plain

【経路図】

 

№3665 小女郎谷から蛇谷ヶ峰へ

f:id:hirasankun:20170612023129j:plain

2017年6月9日夜~10日 天候:晴

 

【参加者】4

L上坂淳一 松井篤 藤井康司 MK

【記録】

21:30蓬莱駅23:20小女郎峠

9日 天候:晴

蓬莱駅に集合し、小女郎谷を登る。松井の完璧なRFで難なく小女郎峠に到着。満月が美しい夜だ。

峠周辺のみ風がある、適当に散らばってそれぞれビバーク

 

f:id:hirasankun:20170612023210j:plain

10日 天候晴

4:20小女郎峠~4:42蓬莱山~5:26比良岳~6:54金糞峠~8:14武奈ヶ岳9:20イクワタ峠~10:47須川峠~11:42蛇谷ヶ峰~12:39朽木スキー場~

14:55近江高島駅

起床後、行動食のみ取ってすぐに出発。すでに明るい。快適な朝。

 

f:id:hirasankun:20170612023235p:plain

蓬莱山を越えたあたりで日の出を迎える。金糞峠の分岐で水を補給する。

武奈ヶ岳を越えるころから気温が上昇し、虫もうるさくなってくるが、イクワタ峠を過ぎれば、しばらく樹林帯の中で日光の直射を避けられた。蛇谷ヶ峰は十数名の登山客でにぎわっていた。

 

f:id:hirasankun:20170612023303j:plain

スキー場からは長いアスファルトの歩きで高島駅に到着。

 

【感想】48期 上坂淳一

残雪の山が過ぎ、新緑祭を終え、ようやく夏山へ向けて始動。

今回のコース、長いアプローチの蛇谷ヶ峰とは十年近くご無沙汰しているので、不安だらけ。エスケープも視野に入れての挑戦。

結果はベテラン松井さんをはじめ、参加者の協力を得て、また天候にも恵まれ順調に消化できた。

皆さまありがとうございました。

 

【感想】60期 MK

夏山に向けて体力つけなきゃと申し込みましたが、詳細を確認して不安で一杯に。

強風の中でのツェルト泊は初めてで、一晩中寒さと形を保たないツェルトとの戦いは良い経験になりました。横でマミー型のまま快適そうに外で寝ておられる上坂L、経験は偉大ですね。感動しました!

最後まで歩きとおせてほっとしましたが、山行の感想は「しんどかった」の一言です。

近江高島駅前ローソン前で、電車の時間つぶしに、みんなで2つ連続アイスorスイーツの打上げも、40km近く歩いた後では最高でした

優しく受け入れて頂いたリーダーと参加の皆様、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました!

 

【感想】57期 藤井康司

小女郎峠でのビバークでは、5月の沢泊の経験を踏まえ、エマージェンシービビィと中綿ベストで臨んだ。

稜線泊ということで風雨対策にツェルトを持ってきていたのが、まだ体が火照っていたため、そのままもぐりこんだのが悪かった。夜半風が強くなりツエルトと銀ペフを中に押し込んだものの、寒くて朝まで寝れなかった。教訓:横着せずにツエルトを張っておくべし。

翌日は前夜のスピードハイクとは打って変わって、登りはスローペース。時折涼風が吹き抜ける中初夏のブナ林の尾根歩きを充分楽しむことができた。

昼前には蛇谷ヶ峰に着いたものの、そこからが長かった。特に10キロのアスファルト歩きは足にきました。

 

【感想】46期 松井篤

小女郎峠でのビバークは、梅雨時期にはこれ以上は望めないような満月の好天でしたが、夜通し風が強くあまり眠ることができませんでした。

翌日は早朝から行動したため、武奈ヶ岳まで全く登山者に逢うことがないという、静かな比良を満喫することができました。

また、昨晩悩まされた風が、行動中は心地よく、武奈ヶ岳までは比較的快調に歩を進めることができました。

しかし、比較的順調だったの は、このあたりまでで、武奈ヶ岳から蛇谷峰までの長い距離と微妙なアップダウンの連続がボディーブローのように効いて、蛇谷ヶ峰に到着したときは疲労困憊の状態でした。

その後の蛇谷ヶ峰から、近江高島駅まではほとんど惰性で歩いた状態で、これがもし単独なら、絶対にあの時間にはたどり着けていなかったです。

上坂さんの絶妙のペースと休憩のタイミング、皆さんの揃ったスピードに助けられて、何とかゴールまでたどり着けました。

今回の例会で、まだ歩けるかなという気持ちと、しかしこれが今の自分の限界かなという気持ちの両方を感じました。