読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

No.3627  2016年12月23日(金)〜25日(日) スキー・トレーニング ~志賀高原&野沢温泉~

【メンバー】穐月大介(CL)、加藤一子、中尾愉、藤井康司、梅村重和、山形眞知子、(非会員1名) 計7名

 

【行 程】

2016年23日(金)~25日(日)

23日(金)小雨、烏丸御池ロッジ前8:00集合=12:30松本、長野観光=中野 長嶺温泉(泊)

24日(土)曇、長嶺温泉7:30=8:00志賀高原(トレーニング)17:00=中野  ホテルトラベルイン(泊)

25日(日)晴れ、ホテルトラベルイン8:00=10:00野沢温泉(トレーニング)15:00=京都22:00

f:id:hirasankun:20170110201622j:plain

 

(国宝!松本城

 

【記 録】59期 梅村重和

今年は12月に入って、ぐっと寒くなり北海道は吹雪のたより。12月15日は我が家の玄関から白くなった比叡山が見られ、幸先のいいスキーシーズン到来と思いきや甘かった!

週が明ければ暖かくなって、22日からは雨!翌23日の富山県の降水確率100%の予報のため22日夜に出撃の予定を、急遽23日の朝に変更となった。23日は移動のみ。松本のアルプス市場でリンゴやお土産を購入。小曾木製麺で蕎麦の昼食、国宝松本城を見学ののち安曇野 御法田遊水地(白鳥越冬地)に寄り、R19を通って長野市で夕食、長嶺温泉に向かう。長嶺温泉は立ち寄り温泉であり、ここの2階が宿泊するところになっている。ようするにお風呂屋さんの2階で泊まるような所。こけしと土人形のコレクションが見ものである。

24日 7時30分に志賀高原に向け出撃。途中のコンビニでリフト券の割引券と朝食を仕入れ、8時30分ジャイアントゲレンデの駐車場にクルマを置きトレーニングをスタート。コンディションは上々、昨日の雨が標高の高い志賀高原では雪となったようだ。

f:id:hirasankun:20170110201642j:plain

(飛来した白鳥)

 

まず、ジャイアントゲレンデで2~3本軽く足慣らし。昨夜の雪がまだ圧雪されていないゲレンデはオフピステ状態。シーズン最初の滑降は最高に良い気持ち。ダイアモンドゲレンデに移動し講習会を実施。高天原、一の瀬と順次ゲレンデを滑りながら焼額に移動。昼食後、焼額のゲレンデで各自の滑降を動画で撮影会。14時過ぎに終了し男性4名(奥志賀高原経由)、女性3名(そのまま下山)に分かれ駐車場に17時集合とした。これからが思いのほか時間がかかり途中のタンネの森ゲレンデで偶然7人が合流することになる。ここからジャイアントゲレンデに向かうリフトの終了時間に間に合わず、湯田中行きの路線バスを利用。バスの運転手さんに頼み込んで、ジャイアント駐車場への分岐点で途中下車させていただき、無事、駐車場に到着。夕食後、立ち寄り温泉で汗を流しホテルで反省会を行った。今回はシーズン初ということで各々のスキー等装備の確認とスキーの足慣らし&お互いの技量を知ることだった。焼額~竜王のツアーコースは行けなかったが概ね目的は達成できた。なお志賀高原のような広いゲレンデで、まして今回のような混成パーティで行動する場合は、もっと時間に余裕を持った行動が必要であった。

最終日、志賀高原に向かったものの、途中の道路はアイスバーン状態。若干一台、スリップして坂道を登ることが出来ず志賀高原を断念。Uターンして野沢温泉に向かう。最終日は午前券を購入し、各自フリー滑降とした。14時駐車場に集合。道の駅“花の駅ちくま川”にて遅い昼食を済ませ帰京。22時、JR山科駅で解散となった。

ご参加していただいた皆さん、お疲れさま でした。

f:id:hirasankun:20170110202220j:plain

 

(二日目の穴観音の湯)

 

【感想】59期 山形真知子

「ステキなクリスマス」

お正月前にスキーに行くなんて、なんと贅沢な事でしょう。

しかも、クリスマスの3日間。前日の雨が山では雪になり自然の中でのクリスマスツリー。志賀高原では、幻想的に野沢では、青い空をバックに真っ白な樹氷。昔の長いテレマークスキー。初日は、少し戸惑いましたが、2日目は、初心に返り、上の原ゲレンデで基礎練習のみに専念し、どうにか昔の感覚を取り戻しました。短いスキーにも魅力を感じますが、長いスキーにも愛着があります。来年のサンタさんのプレゼントまで悩み続けましょうか?

それにしても、山の仲間と過ごした3日間は、今年の最高のサンタさんからのプレゼントでした。

皆様ありがとうございました。

 

【感想】58期 藤井康司

山スキーを始めて3シーズン目にして初めての本格的スキー場。琵琶湖バレーとか朽木しか知らなかった自分にとって志賀高原野沢温泉は別世界。下りは安全に降りられればそれで充分と思っていたが少し欲が出てきました。世界が広がるって楽しい!

f:id:hirasankun:20170110202400j:plain

(新雪の志賀高原、天気は今一)

 

【感想】26期 中尾愉

今回のスキートレは、せっかく長野まできたのですが、雪不足のため、ツアースキーは中止となり、ゲレンデだけのトレーニングになってしまいました。

ゲレンデも、雪不足ぎみで、あちこちでブッシュが出ており、全面滑走可という状態 ではありませんでしたが、上部に方の雪は軽く、関西で滑っているよりスキーが回しやすく、上手くなったかな?と思えるようなターンができ、最初のトレーニングとし ては満足でした。今後、重い雪でも同じような滑りができるかは、---?ですが。

f:id:hirasankun:20170110202422j:plain

(梅村隊長)

 

【感想】25期 穐月大介

今回のスキーツアーの手配やプランはほぼ梅村さんにお願いした。梅村さんは京都で生まれ育っているものの7年間松本で勤務されており、松本のジモピーを自認されているISINANOな人なのだ。なので初日は地元情報満載で松本を案内してもらった。国宝松本城に白鳥の飛来する池、地元の直売所に地元の定食屋、ひなびた温泉宿。2日目も長野のローカル温泉や地元の?丸亀製麺に連れて行ってもらった。おかげで地元民ならではの信濃の旅を満喫させてもらった。

一方スキートレーニングは朝から晩までひたすら滑りまくる厳しい?ものだった。ここの所アフピステでまったりツアーばかりしていたので若い頃みたいな休み無しの滑降は結構きつかった。ペラペラのテレマーク板でガチガチのアルペン板を追いかけるのって大変なんですよ。

久しぶりに一緒に滑れた寒川さん、初めて一緒に滑れた山形さん、ご一緒いただいた皆さん有難うございました。そして梅村さんお世話になりました。

f:id:hirasankun:20170110202445j:plain

樹氷野沢温泉

 

f:id:hirasankun:20170110202507j:plain

志賀高原にて)