京都比良山岳会のブログ

山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングからアルプス縦走までオールラウンドに楽しんでいます。

NO.3607 2016年7月23日(土)~24(日)飛騨 沢上谷(そうれだに)

f:id:hirasankun:20160809210327j:plain

写真:沢上谷の舗装路のようなナメ

 

【メンバー】

L秋房伸一、上坂淳一、鹿嶽眞理子、土井司  会員4名

 

【行程】

23日(土)ロッジ前9:30=12:30(高山市内パン屋&昼食&買い物)14:00=15:00岩舟キャンプ場(BBQ)

24日(日)岩舟キャンプ場6:15=鼠餅(自転車デポ)6:40=6:50沢上谷遡行開始7:00~7:45五郎七郎滝~8:30岩洞滝~9:10蓑谷大滝~9:45巻き終了蓑谷大滝落口~10:15遡行終了~10:22自転車デポ地~10:40沢上谷車デポ地=京都

 

【天気】晴

 

【記録】52期 秋房伸一

 前年、現地までは行ったが台風のため入渓できなかった沢上谷例会のリベンジ。

 前泊の岩舟キャンプ場は、予約しておけば完全に手ぶらで来ても大丈夫のバーベキューセットがあり、とても楽ちん。山岳会にあるまじき?イージーキャンプ。高山のスーパーで飲料は買って持ち込んだが、現地に自販機もあるので、飲食に関しては何の準備も要らない。山や川を使わせてもらっているので、せめて現地に僅かなお金は落とそう、ということを免罪符にした。

 翌日の天候も良く、水も冷たくなく、スムーズに遡行を終了した。3つの大滝や見事なナメで、沢登りの魅力を広めるのに最適な沢だと確信した。

 自転車を遡行終了地点付近にデポしたが、終了点付近に車をデポして、林道を歩いて下って入渓地点まで行っても時間は十分あると思う。

 

【感想】 56期 土井 司

2年越しの沢上谷、噂通り素晴らしい沢でした。明るく、綺麗でどこまでも続くナメ床、カエルの手足が欲しいと思った雄大なナメ滝、那智滝を彷彿とさせる垂直落下の滝などなど沢初心者の私にはもってこいの場所でした。こんな素晴らしい沢例会を建てていただきました秋房リーダーありがとうございました。又、ご一緒頂いた皆様ありがとうございました。前日のBBQも美味しかったです。ただ一つだけ反省があります。ウオータースライダーをし忘れていました。

 

 

f:id:hirasankun:20160809210350j:plain

写真:五郎七郎滝にて

 

 

【感想】48期 上坂淳一

うわさ通り、ナメの連続する快適な沢でした。

下に巨大な岩盤があるらしく、巨大なスラブに落ちる滝は圧巻ですが、浸食によるゴルジュは皆無です。

周辺の植生もきれいで、明るいところでした。

秋房リーダーが自転車で車の回収もしてくれたので、お昼前に温泉に向かいました。

二日間の行程の半分以上は、BBQと観光を楽しんできました。

皆様ありがとうございました。

 

【感想】54期 鹿嶽眞理子

二度目の沢上谷でしたが、やっぱり素敵なところでした。さわやかな緑のなか、美しい滑床の沢をちゃぷちゃぷ歩き、雄大な滝に感動してきました。

残地ロープのおかげで、道具の出番もなく、あっという間に終了点でした。今回はぐるめのおまけ付きで、道中で買った美味しいパンとキャンプ場のバーベキュー、そして帰路に入った美味しいお蕎麦屋さん。本当に楽しい2日間でした。皆様ありがとうございました。

 

f:id:hirasankun:20160809210403j:plain

写真:岩洞滝にて